手賀沼エコマラソン

本当に久しぶりの更新になりました。

前回更新は5月かあ。
新しい趣味の文房具活動にはまったり、
時代小説読みにふけったりしていたので、
ブログ更新に至りませんでした。

今日今シーズン初のハーフマラソン。
4年連続の手賀沼エコマラソン。
自宅から電車で10分と好アクセス。
ロジも万全で今年はブログ村の方の参戦が多かった。

今年の参加T シャツのデザインはどうかと思うけれども。

まずは結果。やはり悪天候をなめてました。


10/29(日) 手賀沼エコマラソン 1:40:01(グロス) 1:39:17(ネット)

シーズン初戦なので、次の秋の大本命つくばマラソンにつながるように、
全ガチではなく、8割9割で。のつもりでした。

走り始めは足が軽かったです。

(01-05) 22'49 4'45(128) - 4'27(143) - 4'26(161) - 4'35(160) - 4'36(159)
(06-10) 23'12 4'37(161) - 4'39(160) - 4'38(160) - 4'41(160) - 4'37(159)
(11-15) 23'25 4'45(159) - 4'40(160) - 4'37(161) - 4'44(161) - 4'39(162)
(16-20) 23'47 4'36(161) - 4'51(161) - 4'45(162) - 4'50(162) - 4'45(159)
(21-LT) 4'46(161)


スタートして2,3キロまでは足が軽かったので、
むしろ自重して4'40/km前後で押していく作戦に変更して、
16km以降でビルドアップして爽快に駆け抜ける作戦だったのですが、、、
2回目の手賀沼大橋(17キロあたり)で疲れてしまい、
もはや上げていく気力は残っていませんでした。

ハーフマラソンをガチで走ると心拍数が160台後半まで上がっていくのが常なのですが
今回はそこまで上がらず。
あまりの悪天候で先に防御反応が働いたか。
とにかくスタートからゴールまでずっと雨。
というか、最寄り駅から解散までずっと雨、というレースは初めてでした。
いい経験にはなりましたが、
つくばまでの走力を占う前哨戦という位置づけだとすると
少し物足りなかったかも。
とはいえあれ以上は走れなかった弱さがあったのも事実なので。

とうわけでつくばでの目標は、自己ベスト(3;22)は狙わず、
サブ3.5奪還を目標にします。
設定ペースはキロ4'50~4'55。
これで走り切れる走力はレース3週前に皇居4'50で30km走れれば行けるはず。

手賀沼で厳しく追い込まなかったので、むしろ脚的には余力残し。
例年のがんばった手賀沼後よりはダメージ少ない。
これをアドバンテージにして今週もう一回追い込んだ練習をした後に、
次週に3週前30km走を皇居でやります。

がんばろう。

あと、今回の手賀沼はブログ村の方々も大挙して出場されていて、
多くの方とご挨拶&アフターのランチご一緒できたのも楽しかったです。
それがなかったら今日こうやってブログ更新してないな。
ものすごく刺激をいただきました。

マラソンって楽しいですね!
更新頻度、がんばってあげたいと思います!
スポンサーサイト

スピード練習 3連発

万年筆をはじめとする文房具熱に侵されつつも、真面目に走っております!

本格的な暑さでぜぇはぁ出来なくなる前にスピード練習をしておきたい。

目安としては、
今シーズン中(~来年4月)に5キロ19分を切れれば言うこと無し。

5キロ20分の壁は高い。一回だけマグレで切ったことがあるんだけどそれも2年近く前かな?

ペース配分がものすごく難しくて、
前半抑えすぎても後半届かないし、
前半突っ込んでもあとで盛大に沈没する。

ということでこの10日間でスピード練習三回。
うち一回はエドリクである。
レースレポするには詳細を忘れすぎてしまったので、結果だけ。

2017.5.10 エドリク 5km 20:09



5キロ20分きれず。。。
初めてのトラックはなれないながらも楽しく走れた。
記録会形式も初めてだったので落ち着かなかったとか、
いろいろ反省すべき点はあったが、
最大の反省点は、20分切りのためには、
400mトラック1周を何秒で走ればいいか、事前に調べておかなかったこと。
逆に言うとGPS時計があるからいいや、とロードレース感覚で参加したのは完全に失敗。
GPS時計は5kで200mもの誤差があった。

GPSは役に立たないと考えて「1周を○秒で走る」という目処感を持っとくのは必須。
次回は是非対策をしておきたい。
ちなみに5k20分ペースは400mトラック1周96秒である。
途中まで「多分100秒で走れれば20分切るのでは?」と大勘違いしてしまい、
気付いたときには後の祭りであった。

2017.5.17 10kmペース走 43:05@4'18
(01-05) 4'27(138) - 4'17(137) - 4'19(147) - 4'21(165) - 4'17(180)
(06-10) 4'12(184) - 4'25(186) - 4'17(186) - 4'25(189) - 4'04(190)


20170521.jpg

久しぶりに10キロでガチラン。
5キロ地点からの平均心拍数が高すぎるので、これはおそらく誤測定。
4'20/kmあたりを狙っていったがキロラップのばらつきが激しい。
揃えていけるようにペース感覚をもっと高めていかないと。

2017.5.21 インターバル 3'55*5
3'53 - 3'49 - 3'54 - 3'58 - 3'59


最初の3本はうまくまとめられた。2キロ目はチョット速いかな。
一方でラスト2本が完全に課題。
キロ4はきっていると言えど、トホホ。という感じである。

週1回はスピード練習がこなせるように、
生活のライフサイクル等を見直しをきっちりとやっていきたいな。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




大人の文房具部 白いLamy Safari

海外出張の行きの飛行機内で万年筆を使って筆記している若いビジネスマンの姿に憧れ、
出張先のダブリンの街中の由緒ある文房具屋で購入した白いLAMY Safari。

ホテルに戻り持参したノートにいろいろと試し書き。
改めて自分のスタイルを考え直すと、
あまり手書きの出番は多くないことに気づく。

2015年から手帳をスマホに置き換えた関係(手帳買わなくなった)で、
スケジュールやタスクはGoogleカレンダーに移行済み。

と考えると、主な手書きするシチュエーション

・会議出席時のメモ取り
 →資料の上から発言要旨(発言者と主なやりとり)。
  大抵の会議では会議録を作成する担当は別にいるので、備忘録程度。
・電話メモ
 →自分あてにかかってきた電話内容のメモ。あるいは電話取り次ぎのメモ。
  さっと取り出せてさっと書ける機動性が重要。
・人が作成した資料の赤入れ
 →重要な資料は印刷して紙の状態でチェックする派である。
  日本語の表現修正の指摘や、確認質問事項などを
  資料に直接書いて作成者に手渡す。
  読む人が別にいるので可読性がポイントである。

と考えると、丸一日手書き文字を書かない日があってもまるで不思議ではない。
コスパ考えると、安いもので数千円、普通のもので1~3万円する
万年筆道にまい進するというのは普通にためらわれるところだが。

というようなことを考えながら、
でもLAMY Safariの他にどんな万年筆があるんだろう?と
ホテルでひたすらネット探索。
情報の海におぼれながら、長い会議出張期間が終わったので、
ダブリンを出発してトランジットのフランクフルトへ。

フランクフルトは欧州の拠点空港なので、空港も広く、免税ショップも充実している。

どうしても万年筆コーナーが気になったので(ドイツだし)
(ちなみにこれまでは免税コーナーのサングラス売場めぐりが楽しくてしょうがなかった)
LAMYのSafariはもちろん、
兄弟分にあたるアルスター、高級路線のLAMY2000がしっかり陳列されている。

兄弟機種のアルスター(プラ製のSafariとは異なり金属製。他は一緒。)も気になったし、
LAMY2000の値段の高さにもおののいたが、
Safariのポジションを考えると、二本、三本あってもいいかなぁと思っていたところで、
Safariのボールペンやシャープペンもあることに気づいた。

Safariで三種(万年筆、ボールペン、シャーペン)をセットで揃えとくのって
超オシャレかな、と思い直して、結局白サファリのボールペン・シャーペンを購入。
白サファリは3兄弟になった。

IMG_5592.jpg
IMG_5590.jpg


なお、中年男性が「白いモノ」を使うことの抵抗感を思いっきり下げてくれたのは
各種Apple製品のおかげである。

いわゆる「万年筆」といったデザインではないし、
備品棚に置いてあるような事務用品とは一線を画す
ポップ・カジュアル路線であるにもかかわらず、
ビジネスシチュエーションでもぎりぎり使える白。

我ながらナイスチョイスである。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

気合のスピ練!は3'40を3本!

GW最終日は早朝からインターバル。
予定ではキロ4(レスト4分)を5本だったが、
1本目走った後で、キロ4より速く走ってみたくなって、キロ3'40を3本に変更。

こういう練習中のメニュー変更ってどうなんでしょうかね?
僕の場合は調子を見ながらメニュー変更することはよくあります。
もちろん下方修正することがほとんど(笑)。

2017.5.7 インターバル 4'00*1, 3'40*3
(01-05) 5'24(122) - 4'04(142) - 4'54(149) - 3'41(160) - 7'53(116)
(06-10) 3'39(155) - 8'05(122) - 3'38(150) - 6'59(121) - 6'14(127)


赤字がスピード区間。
カッコ内は平均心拍数だが、心拍が戻りきるまで完全レストしてから走り始めてるから、
通常のペース走に比べて平均心拍数が異様に低い。
最高心拍数はどの区間も170超えしているので、しっかり追い込めたと思う。

あとは書いていないがピッチ。
キロ4の1本目は183bpmだったのに対して、
3'40走の3本はそれぞれ192,196,196。
ストライドが伸びない一方でピッチで稼いでスピードを上げている。
コレでは心拍が根を上げてしまい長い距離は走れない。
ピッチをあまり上げることなく、ストライドの調整で速く走れるような技術を会得したいものだ。

予定の5本を消化せず、4本で終わらせたのは足のことを考えて念のため。
インターバルの練習をするのは2月以来3ヶ月ぶり。
きつい練習なのでイヤだな、とは思うが、キツイ時間が短くてすむのと、
トータルの練習時間もアップ・ダウン込みで1時間チョイで終わるので結構効率的か。

蹴り足の右足より、受け止める方の左足がふくらはぎ・膝にかけて結構張っているので
セルフマッサージ必須だ。
キロ4より速いランニングはそうそう出来るものではないので、
気分変えてトライしてみてよかった。

20170507.jpg


ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【大人の文房具部(仮)】仮入部しました。


先週は出張でした。会議でアイルランドまで。

アイルランドはU2、エンヤ、Thin Lizzyとギネスビールしか思い浮かばない状態で
現地に突っ込んでいったのですが、それはそれで楽しめました。
世の中にいわゆる「アイルランド系移民」の子孫の人が多い理由もなんとなくわかった。

それはそうと、行きの飛行機の中。
長距離出張のときは、一応、会議資料を機内に持参して、
アジェンダを予習したり、プレゼン資料の確認とかを行うことを試みはするのですが、
大抵、ウェルカムドリンク攻撃と機内エンターテイメントの魔力にあっけなく落城します(笑)。

今回も例外にもれず、、、だったのですが、
二十代と思しきスーツ姿の男性が僕の前の座席に座り、
一心不乱にノートに何かを万年筆で書きまくってた姿が凄く印象的で。
するするする~って感じで。(多分)高そうな万年筆で。

書いてる内容を見たわけではないのですが、
シチュエーション的には仕事関係のアイデアデッサンだろうと。

勝手な印象ですが、
若い世代って高度にデジタル化されていて、
ノートに手書きというより、Macbook Pro!
っていう感じだと思っていたら、そうでもないんですね。

このシーンをみて非常に感化されちゃって。
万年筆でモノを書くって言うことのスタイリッシュさは改めて新鮮だったのと、
イイ道具を使って書いてみるってことで創造力が刺激されたりするんだろうなぁ、
って漠然と思って。

あぁ。これまでの人生、文房具なんて一切興味示さなかったものねぇ。

ノート、ペン、すべて会社支給品や、セミナーでゲットしたノベルティ品で
賄ってても何の不満もギモンもなかったものねぇ。

と思うと、人生チョットここいら辺で、文房具にこだわってみますかねぇ!
なんて思ったりして。

宿泊していたアイルランドのダブリン市内でネット検索して
万年筆屋さんでゲットしたのはドイツのLAMYのSafari。
価格も安めでファースト万年筆としてはグローバルに大定番。
店のおねぇさんもコレがイイ、といっていたし、ネット上でもそのような評価。

IMG_5543.jpg


ゲットしたのは白Safari。
アイコンとしては黄色が有名らしいのですが、
会議や客前で使うことを想定すると、黄色やライムグリーンは厳しい。
でも黒や青だと少しありきたり感もある。
Safariのキャラクターとビジネス用途、
あとはiphoneとのマッチング、なんてことを考えると白が一番!

IMG_5545.jpg


ということで、白Safariをアイルランドのダブリンでゲットしたのですが、
ここから家族がハムスターの勢いで増殖していきます。

IMG_5600.jpg


増えっぷりについては次のエントリーで。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村