かすみがうらマラソン速報

暴風雨の去年に引き続き、酷暑の今年も命からがら何とかサブフォーでした。
グロス 3:55:27
ネット 3:54:07

PB更新は秋シーズンのお楽しみ、と言う事で。
スポンサーサイト

【万人向けではない】足底部のアーチを戻すには?【民間療法】

土曜日のスピード練習で、3分30秒台で少し走っただけで
右足の足底に突っ張り感とかるい痛みを感じて無念のストップ。

風呂に入って揉んだり、ストレッチをしたりして回復に努める。

どうやら右足の足底部のアーチが落ちてきて、
筋肉が余計に引っ張られているもよう。

こういったときの対処法。
・落ちたアーチの回復を図りつつ
・休足して断裂した筋繊維の復旧をまつ


落ちたアーチの回復ってのも結局は休足か。
ゴルフボールでぐりぐりっと足裏マッサージするのもいいと聞くし、
ネットでぐぐると青竹ふみも効果的みたい。

ただ。
個人的には必殺技、あるいは必勝法とも言うべき
足底アーチ回復法がひとつ思い浮かんだ。

これか。
これをやるのか。
この季節に。


ポイント練習をやる前よりユウウツになった。

夏場、ハードトレーニングの合間にリカバリーランと称してこれを結構やった。
夏場だから気持ち良いんであって、暖冬とはいえ冬場のこの外気温でこれをやるか。

そう。

裸足ランである。

利根川河川敷マイコースにはジョギングコースの脇に芝生広場がある。
これを裸足で走るのだ。

夏場は文句なく気持ちいい。
ふかふかで水分を多く含んだ芝の上を裸足で走る。
足裏の感覚が研ぎ澄まされるとともに、
足全体の筋肉がフレッシュになる。
走り終わった後、落ちたアーチは元どおりになっている。

疲労から来るアーチの低下には効果覿面なのは知っている。

昨日日曜日の20時ごろ。気温は8度とこの季節にしてはかなり暖かい。
早期に足裏痛から開放されたかったので、
意を決して裸足ラン。

真冬の真っ暗な公園で靴と靴下を脱ぐのは相当勇気が要ったね。

スタート。第一歩目から痛くて寒い。
痛みは右足ウラ痛とは関係ない。寒さから来る痛みだ。
真冬の芝生は凍ったように冷たく、一歩一歩の着地ごとに
足から熱を奪っていく。

思ったとおり、尋常な行為ではない。

呼吸は全く苦しくないが、足が冷たすぎて何度もストップして
手袋で足をこすって暖めてからラン再開、を繰り返す。

下半身は寒いとしか言いようがないが、
不思議なことに1キロもしないうちに上半身は汗ばんできた。
この汗が運動したことによるものなのか、
それとも、真冬の裸足ランというエクストリームな行為に
脳がストレスを感じたことによるものなのかは良くわからない。

2.5kmほど走って、ようやく、ようやく足が慣れてきた。
慣れてきたというか、止まっていた血流が再開したような気がする。
小声きっていた足裏も芝生からの刺激に反応して大分熱を帯びてきた。
機械で言うところの「油が回った」という状況。

この状態になるまでがつらすぎたが、あとは2.5kmほど流して終了。
5キロ走って全体で30分ほど。

裸足で走ったので、靴を履く前に公園の水道で足についた泥を落とす。
これがまた苦行である。
チベタイ。
寒すぎて鼻水が出てくる。

家に戻って速攻で暖かい風呂に入る。
ここでようやく息を吹き返した感じだ。

裸足ラン終了。
肝心の右足のアーチの状況だが、
突っ張り感はほとんど消失し、強く揉めばチョット痛いかな、というところまで復旧した。
思った以上の効果である。

あとは1日ランオフすればジョグ復帰は出来るはずだ。

アーチがおちてしまった状態のまま、ジョグとランオフを繰り替えしたりすると
筋繊維の断裂がひどくなり、炎症が慢性化して
足底筋膜炎を発祥する羽目になるので、さっさとアーチを回復させるに限る。

僕の場合、裸足ランは、アーチ回復には効果があるようだが、
他の人にも同様に効果があるのかどうかはわからない。

ましてやこの季節は裸足ラン自体あまりおススメできるものではない。

Perfumeの隠れ名曲に(恋は)「心のスポーツ」というのがあるが、
まさに(裸足ランは)「心のポイント練習」というくらい、
メンタルを削り取られるような完全なる精神修行に他ならない、
というのを注記してこの項終わり。

水曜日からポイント練習に復帰します。

160104.jpg


ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Adizero '16 モデルチェンジ

愛用するAdidas Adizero シリーズが来年初モデルチェンジ。

Adizero Takumi Sen Boost2

Adizero Takumi Ren Boost2

Adizero Japan Boost 3

Mana bounce Knit

Mana bounce SPD

デザインは相変わらずどれも秀逸。
Takumiはどうやらアッパー素材に変更がある程度のマイナーチェンジ。

大きな変更はJapan Boostとマナ。
Japan Boostはアウトソールを思いっきり変えてきた。
これまでの「ツブツブ」がなくなった代わりに、ラバーソール(Beatlesじゃないよ)を格子状にしている。
グリップ力やクッショニング性能を高くする方向感なのかな?

画像だけ見る限りはBoost 2のほうがレーシー感が高くて、
サブ3~4.5あたりまで、想定スピードレンジが広い気がするけどね。
なんとなく、今度のモデルは「サブ4ランナー絞り」て感じがしなくもない。

とりあえず、Boost2が在庫しているうちにもう一速買っておこう。

最大のボリュームゾーンである「サブ4狙い」ランナー向けに思いっきりフォーカスを
あわせてきたと思えるのが新Mana。
あれ?「Adizero」の冠が取れてる?

「Boost」の次は「Bounce」推しらしい。新型のEVAだね。
デザインは圧倒的によくなった気がする。
やっぱりアウトソールの形状が先代Mana7から思いっきり変えてきた。

Mana7はAdizero Japan1のアウトソールを踏襲していて、
練習用メインのモデルとはいいつつも、
レースにも十分使える反発力と固めの着地感が楽しくて。
ASICS NewYorkを卒業したばかりの僕にとっては最適なモデルで、
スピード練習、ジョグ、レースとオールマイティに活躍してくれた。

で、新作のMana bounce Knit/SPDはどちらもフラットソールっぽい。
全面ラバー素材で覆われているようで、耐久性は高まってるのかもね。
でも、先代の前足部の「ツブツブ」が好きだったので、
ちょっとこの方向感は残念な気がするけど。

まぁAdizero Japan1が復刻しているので、そちらをどうぞって感じなのかな。

ということで、Mana7の在庫があるうちに、一足買い増ししときました。
上野のジュエンで。型落ち(15SS)ですがセールで4千円チョット。安い!
Manaの最大の魅力ですね(笑)

1225.jpg


ということで、引き続き、シューズラインナップとしては、

インターバル、5kmTT用・・・Adizero Feather RK2
ペース走、ロング走・・・Adizero Mana7
レース(ハーフ、フル)・・・Adizero Japan Boost 2

という三頭政治体制を2016年もとり続けると思います。
もう少し走力、脚力がついてきたらTakumi RenまたはAsics Tartherにトライしたいと思います。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

シルバーウィークは風邪気味でちゃんとした練習が出来てない!

シルバーウィーク前半は家族旅行で横浜へ。
八景島シーパラダイス~横浜中華街の行程。
5年前まで横浜に住んでいたが、
僕が住んでいたのは横浜市北部の住宅街であり、どちらかというと山間部。
海からも相当遠く、生活には便利だったがレジャースポットは皆無だった。

海沿いの横浜は、家族連れのみならず、いつ誰と来ても楽しいトコロ。

子供達も海沿いの観光地を満喫したようだ。

そして僕は風邪気味(笑)。

皆さん同じだと思うがこの5連休は秋シーズンへの助走と位置づけて
しっかりと走りこみたい、と思っていたのに。

ジョグ程度には走っておきましたが、すぐ呼吸が苦しくなる。
咳がとまらん。

ってことでここまでの練習内容は、
9/19(土) 旅行のためオフ。
9/20(日) 旅行帰り。ジョグ 10km
9/21(月) ペースラン 10kmの予定だったが7キロでギブ。
9/22(火) 最終日の23日に全てをかけるため、裸足ランで軽くジョグ。

ってなところで、内容が乏しい。
体調も大分戻りつつあるので、今日は4'30/kmの20キロ。
手賀沼ハーフまであと1ヶ月なので、まさに試金石。

0922.jpg

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ベストコンディション皇居ラン♪ 28kmで撃沈?

月曜日はランオフ。
満を持して皇居ランしてきた。
ノルマは25km@キロ5。いければ30kmまで引っ張る。

レースシーズンが近づいてきたら、月に2回は20km以上のロング走をやりたい。
出来れば30kmを2回だ。
ただし皇居はロング走やるのには向いてる部分とそうでない部分がある。
向いてる部分は、たくさんのランナーがいること。
花の都大東京って感じで。
今日も何であんなに居るのか良くわからんがとにかく人が大量にいた。

ロング走でたくさんのランナーと走るメリットは、

その1.飽きが来づらい。
基本一人ぼっちで走る身としては、他にもランナーがいると孤独感紛らわせるのと、
とくに女性ランナーのウェアの華やかな着こなしを見るのは変な意味じゃなくて単純に楽しい。

その2.うまいこといけばペーサー代わりの人を見つけられる。
これは言わずもがな。
今日も実感したが、ペースが合うひとの後ろにつけて走るのは思ったよりラクだ。
なんでだろね。目標にさせてもらうのもちょっと悪い気がするが、これはお互い様の部分もあるので。

ロング走に向かない部分。
夏場限定にはなるが、コンクリートジャングルでクソ暑い、という点と、
アップダウンが割りとある、という点。
今日は5周目、6周目で竹橋起点ですぐ現れる例の上り坂にはヤラレタ。とくにメンタルが。

とりあえず、結果です。
25kmまではキロ5キープできました。
ラスト1周はジョグで行くつもりでしたが、途中でエネルギー切れ?を起こし、
3キロで歩いて帰ってきました。ダサい。

0915.jpg


9/15(火) 28.58km@5'05 2:25:09
(01-05km) 24'23(Avg 4'52): 5'13 - 4'58 - 4'43 - 4'52 - 4'38
(06-10km) 24'23(Avg 4'52): 5'03 - 5'05 - 4'48 - 4'52 - 4'35
(11-15km) 24'48(Avg 4'57): 5'04 - 5'14 - 4'46 - 4'54 - 4'51
ここで2分休憩(給水&エナジージェル)
(16-20km) 24'42(Avg 4'56): 5'09 - 5'10 - 4'42 - 4'51 - 4'50
(21-25km) 25'39(Avg 5'07): 5'16 - 5'16 - 5'03 - 5'05 - 4'56
ここで1分休憩(給水)
(26-28km) 17'54(Avg 5'58): 5'45 - 6'12 - 5'57

ってな感じで。
25km@キロ5のノルマはクリア。
最後のジョグがグダグダすぎるけどね。
やっぱ登り坂に弱いわ。
ってのと、走ってていつも思うのはエネルギー食いなんですね。
もっと省エネランを身に着けないと、フルマラソンでハンガーノックの餌食になりそう。

これで5日間で4回目のポイント練習(中負荷、高負荷)です。
ちょっと休息日はさまないと、怪我を誘発しちゃいそうなので、
明日はランオフにします。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村