東京マラソン応援→大阪出張→うつぼ公園でランニング

日曜日は東京マラソンの応援。
ブログ村の皆さんと一緒に竹橋エリアで観戦。
大音量のYMCAが流れる元気スポットで、
スーパーエリートランナーもガチ市民ランナーもファンランナーも
みんな同じコースを、それぞれの領分で。
いろんな楽しみ方があるのがマラソンのいいトコロだな、とつくづく思う。

なんか本気度が高まるに連れて楽しみ度合いが反比例的に
下がってる人もいるのかもしれないけどなぁ・・・
もちろん本気で挑戦するから楽しめる、ってひとも圧倒的大多数のはず。
自分もかくありたいと思う。

ブログ村の皆さんともつくば以来お会いできて楽しかった。
足の具合とかもお気遣いいただいた人もいる。
ガチやば故障ではないんで、大丈夫なんですよ!

竹橋ポイントでの観戦が終わると、皆さんとはお別れして東京駅へ。
大阪行の新幹線に乗る。
4週間の大阪出張だ。
一応、新規オフィスの立ち上げ、なのだが、
僕のような実務的な戦闘能力の低いのを先遣させてもしょうがないんだけど(笑)。

大阪は10年ぶりくらい。そんときもやっぱり出張。
さらに前の学生時代は神戸で過ごしたから
大阪にもよく行っていたんだけど、
大阪駅などは見違えてしまったな。すげぇ立派になった。
学生の時のJR大阪駅はボロい印象で。

あ、阪急は相変わらず立派ね。
BIGMANの前通ったら懐かしすぎて涙でそうになった(笑)

阪神も…違う意味で相変わらずだったな(笑)

名古屋、福岡、札幌、大阪と主要都市の中心駅の再開発はもの凄い。
それに比べて東京は、東京駅そのものは進化がすごいんだけど、
隣接する大手町駅が致命傷だとおもうんだよね。
薄暗さと乗り換えの分かりにくさという意味で。

というわけで大阪出張。
住まいは中心部の借り上げマンション。
徒歩5分でうつぼ公園という比較的大きな公園がある。
ランニング環境的にどうかな?と思って走りに行ってみたんだけど、
これが素晴らしい。

うつぼ公園の東側には1周800mくらいのランニングコースがあって、
素晴らしいのは土のコースがあること。
足底腱膜炎の身としては、少しでも柔らかいサーフェスはもの凄くありがたい。

足の方もだいぶよくなった。
ジョグってる分にはほぼ痛みなし。
ポイント練やったらどうかな?まだ早いかな。
結局はキロ5で10キロ走れるかどうかが試金石かな。
それがクリアできたらかすみがうらは走れるとは思う。

けど、記録狙ってがむしゃらにハードトレーニングするのは控えておこう。
後腐れのないよう、腱膜炎を根治させておきたい。
よってかすみがうらは出走できたとしても完走目標で。
ここはきっぱりと。記録はまた秋に。

しかし、大阪はいいところだね。
せっかくの機会なので自炊スキルアップさせたいのと、
大阪のランナーさんとも交流できたらいいなぁ。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【足底腱膜炎】8キロジョグってみた

右足底にイワカンが出てから3週間。
整形外科にも接骨院にも通ってみた。
痛みの程度は「押すと痛い」「日常生活に支障なし」と軽度な部類と思われる。

こあしす接骨院の先生も「痛みが増さなければ走ってください」とのことなので、
意を決してジョグってみた。

この3週間も全く走っていないわけではないが、
脚の負担を最小限にするために芝生ランやトレミ。

今日は久しぶりにアスファルトの上。
シューズはPuma Faas 300 RS。
レーシングシューズである必要はないが、
ジョグ用のシューズの持ち合わせがなくなってしまったので仕方なく。
手持ちのなかではクッショニング性能が高い。

ペースはキロ6。痛くなったら即撤収。
まぁこのペースで走ってる途中で痛くなったりするようであればそれは重症だろう。
ランニングシューズをフィット感良くタイトに履く事でサポーター代わりになるから、
ジョグ程度であれば走っている間はダイジョブ。

ポイント練習からは遠ざかっているとはいえ、
さすがにキロ6では息も切れない。ほとんど汗もかかず。

とにかく着地を足裏全体にフラットに。
指摘された外側エッジ着地の悪癖。
これを正すためにゆっくり、気持ち拇指球から入って踵→つま先に抜けるイメージで。

ゆっくり8キロを50分チョット。

スピード練習で得られる充実感や爽快感はないが、
とにかく久しぶりに外走りが出来たことの満足感はある。

走った直後のダメージが心配だが、
少し足裏が腫れているかな、熱っぽいかな、というところ。
「押すと痛い」は相変わらず。
走れないことはないが、連日アスファルトの上をランするのは
回復を促進するとはチョット思えない(笑)。

アスファルトランニングは週1程度にして
芝生ランやトレミも織り交ぜて週3,4回運動できればいいかな、
そんな生活を1ヶ月くらい続けてれば、大分よくなるんじゃないか。

という根拠なき希望的観測。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

神田「こあしす接骨院」に行ってきました。

月曜日に整形外科で「足底腱膜炎」と診断。
しっかりとした病名がついてしまうとそれはそれでショックである。
病名がついていようとなかろうと
足の症状は変わりないが「診断」を下されてしまうと精神的ダメージを受けてしまうようだ。

さて、木曜日は午後から有給を取得し、
神田の「こあしす接骨院」へ。
ランナー御用達、というか先生ご自身もランナーである。

超音波治療と簡単な触診、マッサージをうけて終了。
次回からが本格的な治療となり、
身体のバランスを計測し、それを元に治療方針を決めていくようだ。

とりあえず言われたことをメモ。
・左右ともアーチがつぶれちゃってる。
・練習での疲労が抜ける前に負荷の高い練習を繰り返した結果、疲労が蓄積。
・前もも、すねなど、本来張ってちゃいけない箇所に張りが見られる。
・外側のエッジを使って着地しているオーバープロネーション。
 本来は着地はまっすぐ行わないと。球技やってた人に多いんだが。
・心肺機能の成長に脚が追いついていないので疲労が溜まり故障する。
 フルで言うと、4時間台の人の脚なのに3時間半で走っちゃったって感じ。
・練習を頑張りすぎ。もっというと「速いペースで走りすぎ」。
・本来、身体が痛い、苦しいのに脳がエンドルフィン(快感物質)でごまかされちゃっている。
・ゆっくり、長く、走る練習をして欲しい。故障が治まり、走りが改善し、結果的に速くなるから。
・心拍数を目安に練習したほうがいい。
・ストレッチはちゃんとやろうね。
・痛みが増さなければ走ってOK。ただしゆっくり。
・安静にしているよりは身体動かしたり走ったりするほうが回復が早い。
・かすみがうら走れるかどうかは状態見ながら、だね。

という感じで。
やべぇおもったより重症っぽいぞ。。。
ってか、長い間調子に乗って無理してたのねっていう。

やっぱりご自身が走られる方なので、説得力、というか納得感ありますね。

定期的に通院することになりそう。
保険適用なので助かります。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

正直チョットピンチ!の足底腱膜炎

実質2週間ランオフ。

それでも足裏のハリが引かないので、会社近くの整形外科へ。
レントゲンを撮り、診断結果は足底腱膜炎+踵骨棘とのこと。
ロキソニンテープを一か月分ほど処方してもらって終了。

踵骨棘はネットで調べても一回出来てしまうと治らないようです。
足底腱膜炎のほうは軽度であればランオフすれば改善しそうですね。

ここまで大きな故障なくランニングを楽しんできたのですが、
今回の結果はショックです。
ただ、歩けないほどの痛みがあるわけではないが救い。

痛みの程度は軽度で、
朝起きたときにハリが強いのと、
土踏まずと踵の中間部分を手で押さえると痛みを感じます。
それ以外は歩行は問題ないですし、
ゆっくりならばジョグしても何の違和感もありませんが。

ちょっと怖くてスピード練習やロング走は出来ないですね。
当分、痛みやイワカンと付き合いながら、
休養を織り交ぜて走力の低下をできるだけ防ぐ、という作戦に出ざるを得ません。

かすみがうらは黄信号ですね。まだ1ヶ月以上ありますが。
自己ベスト更新を闇雲に狙ってハードトレーニングをするような状態ではなさそう。

むしろ慢性化しないように、ジョグ中心のラン生活になりそうです。
あわよくば痛みが気にならない程度におさまってくれるといいのですが。

ランナー御用達で評判のいい、神田の「こあしす接骨院」の予約をしました。
一日も早く改善されるといいですね。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

回復ジョグ 真冬の裸足ラン♪

日曜日の守谷ハーフの疲労は案外残っていたようだ。
たかだか水曜日と木曜日にキロ5で12キロずつ走った程度で
足裏とふくらはぎに強めの張り。

マッサージしてもあまり効果がなさそう。
多少無理したら走れないことはないが、
無理を重ねて疲労蓄積で足底筋膜炎にでもなっちゃったら元も子もない。

ので通常だったらランオフの選択肢のみだが、
土日もおんなじような感じがして、ガチ練はできなさそうな足の具合。

完全にランオフするとそれはそれで走力が落ちちゃう。
よって妥協策で少しだけ走ることに。
こういう場合、ジムに行ってトレミでジョグってのが妥協策筆頭。
だが、より回復目的なら河川敷の芝生の上を裸足ランだ。

そう、真冬の裸足ラン。
前傾フォームの練習。
あと普段刺激の入らない筋肉のスイッチオン効果を狙う。

ただ、死ぬほど足が冷たい。
晴れた日でも芝生はたっぷり水を含んでいて
冬場は足裏に芝生の凍るような冷たさがダイレクトに直撃だ。
ホントは筋疲労箇所は冷やしたらダメ、なような気もするが・・・気にしないのである。

ということで、週末の金曜日、
バレンタイン前の浮かれた街中を通りぬけ、
独り河川敷で靴下を脱いで裸足で5km@キロ6。

思ったより足の張りが強いようなので、
思い切って土日のトレーニングは超軽めにしてみよう。

160212.jpg

今月はここまで83km。
チョット250kmは行きそうもないが仕方ないですね。
ここまでシーズン通しで足の故障は全くなかったので、
ここにきて金属疲労ですね。

こういうときもあります。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





原点に帰ってキロ5で。

守谷ハーフが終わり、次戦は4月のかすみがうら。
2ヵ月後に迫っている。
案外、期間は短い、ということに気付いた。

次の大目標は11月つくばで3時間10分切り。
中間地点としてかすみがうらでは3時間17分を目標にしたい。
目標タイムとして3時間17分ってなんだか中途半端だが、
平均ペースはキロ4'40なので、ペース的にはキリがいい。

相変わらず目標がチャレンジングだが、
秋に向けた布石として残り2ヶ月頑張ってみたい。

正月に見た「ランスマ」で金さん大田原サブスリー達成特集であった。
数年ぶりにサブスリー挑戦で、春から準備開始していた。
多彩な練習メニューが紹介され、ためになったが、
印象的だったのが、
「まず、ジョグのペースを変えた」と。
サブスリーに挑戦する前段階の普段のランニング状況(頻度、距離、ペース)が
わからないのだが、サブスリー挑戦にあたり、
ジョグのペースを「キロ5」に上げた、とのこと。

そうか、やはりキロ5か。
もちろんサブスリーに挑戦する金さん(そもそも、挑戦と言ってもだな・・・という実績の持ち主だが・・・)と
サブ3.5達成したばかりの僕の走力は全く比較にならないが。

やっぱりキロ5だそうだ。普段からキロ5で走れ、とのことだと理解。
僕にとってキロ5は相変わらず、少しだけ頑張る必要のある快適ペース、の位置づけ。

ということで、昨日、今日キロ5で「ジョグ」ってみた。

2/10(水) 12.30km@5'05  1:02:29
5'34 - 4'55 - 4'50 - 5'06 - 5'32
5'25 - 4'58 - 4'56 - 4'56 - 5'18
4'59 - 4'17


2/11(水) 12.05km@4'52  58:41
5'07 - 5'04 - 5'02 - 5'13 - 4'56
4'53 - 4'57 - 4'52 - 4'49 - 4'50
4'27 - 4'12


昨日は大分ペースにばらつきがある。
最初から「今日はキロ5でいくぞ」と走り出したわけではなく、
走り出したらだんだんペースがキロ5に収斂してきた、という感じ。
なお、最後の1キロだけはしっかりペースアップして心肺に刺激与えて終了。

そして今日。
最初からキロ5を意識。
ポイント練習ではないので、フォーム重視でリラックス。
ジョグとは言いつつも、だんだんビルドアップするイメージで
最後の2キロはペースアップ。
こないだから読んでる小出監督の本にかなり影響されているようだ(笑)

160211.jpg


というわけでかすみがうらに向けては、
ハーフの練習からフルの練習にシフトすることになる。
ポイント練習も長めの距離が中心になって
スピード練習は減るだろう。

ポイント練習の間にあるジョグもできるだけキロ5ペースを意識する。
スピード練習をやらない変わりに最後だけしっかり上げてフィニッシュしたい。
あと、これまでジョグにしてもポイント練習にしても、
一回あたりの練習距離の目安が「10km」だったが、
これを2キロだけ伸ばして「12km」にしたい。

たかが2キロ、されど2キロで細かい積み重ねを大事にしていく。

まぁ、そんな感じで、一つ一つの見直し項目は地味なんだけども、
今後を見据えて地力を固めるには地味を積み重ねることで、固めて行きたい。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【レースレポ】守谷ハーフマラソン 後半

さて、プチ撃沈の後半戦

[11-15km]
4'12(161) - 4'23(162) - 4'13(162) - 4'29(161) - 4'10(162)


つくばエクスプレス沿いに北上コース。
折り返してくる先頭ランナーとのすれ違い。
箱根で活躍している中央学院大のユニフォーム。
「頑張れ!」の声が沿道から、こっち側を走るランナーからも聞こえる。

12キロ、14キロでアップダウン。
その間の13キロで折り返し。
折り返し直前の給水所で補給食。
相変わらずむせる。がしかし。
下手な給水もそれほどのスピードダウン要因にならなくなった。

15キロ。1:03:15。何とか4'13ペースでしのいだ。

ギリギリのギッリギリ。
心拍数160Overで1時間超。
閾値ペースのトレーニング時間の目安が40分くらいだから、
練習よりも格段に負荷が高い。

幸いなことに高速ペースで走っても、わき腹も痛くならなかったし、
足の具合も快調だ。
相変わらずAdizero Japan Boostには頭が上がらない。

[16-Last]
4'19(161) - 4'22(163) - 4'29(160) - 4'13(161) - 4'22(160)
4'37(159) - 1'39(159)


15kmからは守谷トンネル(帰り)。
トンネルの出口の登りを過ぎると16km。こっからさらに登りで17km。
18kmまでアップダウンが続く。
18キロで4'29。連続で4分20秒台をたたき出してしまい、
4'15ペースから零れ落ちたのを自覚する。
恵みの下り19キロは意地の4'13。
しかしこっからいくら上げても無駄なのを知ってしまっているが。

PBは確信しているので、あとは出し切るつもりでラスト2キロ!

を頑張ろうと思ったが、登って、さらに登って。
登りきった先がゴール。

ラストスパートをかける気にもならない塩設定(笑)。

1:31:04(ネット) 1:31:21(グロス)

ゴール前もダッシュしている人は少なかったな。
僕がゴールした近辺は90分届かなかったのを確信しながら
ゴールインした人ばかりなのでそりゃスパートしないわな(笑)。

思ったよりタフコースだったので、
90分切りこそできなかったが、PB更新できてひとまず安心。

チップをはずしてもらい、呼吸を整えながら
荷物を受け取り、サービスの「焼きそば」「味噌汁」を受け取って
市役所の中へ。適当に空いてるスペースで着替え。

ゴール後の余裕度は今シーズンで一番(笑)。
つくばでは全然呼吸が戻らなかったけどな。

表彰式のアナウンスを聞きながら、バス乗り場へ。
相変わらずロジ周りは快適極まりなかった。
出場人数とメイン会場の広さのバランスがちょうど良いんだろうね。

電車の中でひとり反省会。

足りなかったこと。
ひとまず達成できたこと。


それぞれが、それなりに、ある。

反省点は、またおいおい。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【レースレポ】守谷ハーフマラソン 前半

守谷ハーフマラソン 前半レポ

2016年2月7日(日)
取手駅7:37発、守谷駅7:55着。

補給食はMEDALISTのアップル、ハニーを2本。
守谷駅から会場まではバス。台数も多く、ノーストレス。

受付もスムーズ。メイン会場の守谷市役所は屋内を開放。
ロジスティックス的にはほぼ完璧なこの大会。
コレだけでまた来年もエントリーすると思う。

さて、レース。
Cブロックスタート。整列前にアップ代わりに50mダッシュを何本か。
非常に暖かったこの日。10時時点の気温はおそらく7度前後。
恐れていた風もなく絶好のコンディション。

前半の飛ばしすぎに注意。
作戦は、前日ブログに記したとおり。

15kmまで以下に一定のペースでいけるかどうかが勝負の分かれ目と見た。
①4'12または4'13のラップをいっぱい出せれば勝ち。
②4'17超えるラップが出てくるようだと負け。
③4'09以内のラップが出ちゃったら死亡フラグ。



いざスタート。スタートロスは17秒。

2/7(日) 21.2km@4'17  1:31:04(ネット) 1:31:21(グロス)
上記は公式タイムですが、以下は手元のRunmeterのラップ。
カッコ内は平均心拍数。

[01-05km]
4'09(150) - 4'08(163) - 4'06(166) - 4'12(166) - 4'12(165)


・・・・・・最初の3キロで早くも死亡フラグ3本立ち。携帯か。
最初の1kmなんて混雑するから4'20/kmあたりでいーだろ、と思っていたが。
いざスタートするとペースの合わない前の人を抜きたくなっちゃって。
抜いたり進路変更するために細かくペース上げ下げ。
ただ、初戦ハーフなんで、最初でごちゃごちゃしても大勢に影響はなかったですね。

それより2,3キロ目のラップは早過ぎる。こっちのほうが問題で。
この日は結局かなり高めの心拍数に早めに到達しちゃって、
始終、折れそうになる心肺系との格闘でした。
ハーフってしんどいですね。


序盤は超フラット。
最初飛ばしすぎて「やっちゃった感」はありましたが、
4km,5kmで巡航速度に無事入れた(いや、心拍が高すぎるんだけどね。後から思えば)。

90分切りに向けていい感じのムードが。

[06-10km]
4'08(163) - 4'17(164) - 4'17(166) - 4'12(165) - 4'06(163)


7km,8kmが前半ででてくる最初のアップダウン箇所だったと思います。
ラップタイムより心拍数の上がり下がりを意識して走っていました。
沿道の応援が守谷駅の近くに来たので多くなります。
10kmから、守谷トンネル(1回目)。国道294号線をアンダーパスします。

いやぁ、この辺楽しかったですね。
守谷&取手市民はこのトンネルを車でしか通ったことないんですよ。
もちろん歩行者は進入禁止で。そこを堂々と走れてしまうんですから。
マラソン冥利に尽きますね。

なぁんて感想は走った後に去来する話であって(笑)。
走っている間は、トンネルに入っていく下り坂を通りながら、
「どうせ、この下り区間と同じだけ上り区間が待ってるってことだからな」
「トンネルの中ってGPS入んないよな、こっからは距離が狂っちゃうからGPS使えないのか?」

 ※iPhoneのrunmeter、確かにトンネル区間はGPSが使えないんで正しく計測されないんですけど、
  トンネルを抜けるとGPSを補足しなおして、さらにGPSを掴めなかった区間の
  距離補正を自動的にしてくれる模様。トンネルの後もきちんとほぼ距離計測は正しかったと思います。
  テクノロジーって凄いですね。

ハーフマラソンって手賀沼エコマラソンしか走ったことなくて、
あのコースは中盤に2回アップダウンがある以外は超フラット。
対して守谷ハーフマラソンは10kmの守谷トンネル(行き)を皮切りに、
ここからが細か~いアップダウンが始終展開する塩コースなのでした。

なお、10kmの通過が41:48。これって何気に10km自己ベスト!

フラットとはいえ、チョット飛ばしすぎましたね。

後半に続きます。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【速報】守谷ハーフマラソン

守谷ハーフマラソン、走ってきました。

グロス 1:31:21
ネット 1:31:04

90分切りは秋シーズンに持ち越しになってしまいましたが、
自己ベストは達成。

コンディションも良く、楽しく走れました。
アップダウンがかなり多くて心身ともに削られてしまいましたが、
文句つけようのない天候でしたから、純粋に力不足でしょう。

次、頑張ります。

ランキングに、参加しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

90分の走り方 ~守谷ハーフマラソン~

明日は守谷ハーフマラソン。
取手の隣町の老舗のマラソン大会だが初出場。
手賀沼もつくばも守谷も家から近くて助かる。
春のかすみがうらも一時間かかんないしね。

ハーフマラソンのある週ということで、今週の練習は控えめ。
短めの距離を想定ペースのキロ4'15で走ってあとはジョグ。
今日も早朝4'15ペースで3キロ、残りジョグ3キロで計6キロ。

練習を軽くしすぎたかもしれないけど
その分脚はフレッシュなはずだから。

4'15ペースでハーフ。
未知の世界。
あっさり10kmくらいでジ・エンドするかもしれないが。
さっき走ったら脚は軽かったが体全体としては重く感じた。眠いからか?

コンディションもよさそうだが、敵は風か。こればかりはスタートしてみないとわかんない。

前半どれだけ「出さずに」4'15ペース刻めるか。
淡々と、が勝負。いきなり頑張らない。
まちがっても4'10より速くならない。
特に最初の1キロ。借金覚悟の上で。
15キロまで、4'12または4'13のラップをいっぱい出せれば勝ち。
4'17超えるラップが出てくるようだと負け。
4'09以内のラップが出ちゃったら死亡フラグ。

というわけで、90分狙いですが、狙うには「ギリギリ足りない」走力だと思っているので、
戦略的にいきますが、でもせっかくなので、狙いにいきますよ!

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。