スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調整ラン8km♪ 心拍計とスマホのダブルコンチェルト。

2日前のガチラン10km失敗走のあと、昨日はランオフ。
今日もガチランは控えて、8km キロ5:30程度でまったりランニング。

ゆるからず、つらからず、それなりの充実感を持って楽しく走れる距離とスピードで。

以下、結果です。

Total: 8.07km 44:12 (Avg 5'28)  カッコ内は平均心拍数。
6'18(167bpm) - 5'10(147bpm) - 5'06(143bpm) - 5'23(138bpm) - 5'18(139bpm)
5'28(139bpm) - 5'11(142bpm) - 5'43(140bpm)

1キロめの平均心拍数167bpmは明らかに計測異常値。
2キロめ以降はたぶん正常値で計測できてる。

「キロ5'30近辺で走ったときの平均心拍数は140bpm程度なのね。」
という感じである速度域における、「しんどさ」をあらわすバロメータとして
心拍数は使えるような気がする。

「今日は結構ぜぇはぁしたワイ」にように感覚的、主観的に練習内容を評価する代わりに、
「キロ5で10km。平均心拍数150bpmだったから、そこそこの運動強度だったね」のように。
あるいは、
「「キロ5で10km。いつもは155bpm程度のところ、今日は150bpmで走れたから、走力上がったのかな?」のように。

って言うような練習方法ってまぁ、皆さんすでに実践されてますよね(笑)。
まぁでもこういうGPSや心拍計、ケイデンスセンサを取り揃えて
プチ科学的トレーニング環境を構築しようとすると、一昔前であれば、
ほとんど職業ランナーか大学の研究室のような環境でなければありえなかったはず。

今では数千円のセンサーとスマホがあれば誰でも出来てしまいますね。
ありがたい。

こういうガジェット系は大好き。
特に記録に残ってあとから見直しが出来るってのはいいですね。
基本的にはマメな性格ではないので、
手間のかかる計測や記録は出来るだけ自動化されてたほうがいい。

操作はシンプル、でも記録は正確かつ詳細に。
ってのを追求すると、iphone環境だとアプリは「Runmeter」一押しです。
カスタマイズ性もかなり柔軟。
あと、GPS時計を持たない僕にとっては非常に重要な点として、
自動アナウンス機能も充実していて文句なし。

あ、機械音声にもう少しだけナチュラルだといいですね。
機械音声のクオリティなら「Nike+」ですが。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。