スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行って来ましたミズノ F.O.R.M.

水曜日に会社を半日休暇取って、お茶の水にあるエスポートミズノに行って
フォームチェックしてもらいました。その後30km走したのは前回のエントリのとおり。

早速、フォームチェックのレポートです。

いろいろな方がレポートされているので、いまさら感もありますが。

ネット予約してクレジットカード支払いです。お値段3,240円。
現地に早めに着いてしまったのですが、「もう準備できていますので、始めちゃいましょう」
ってことで、早速ランニングできるカッコに着替えます。
ここで、モーションキャプチャって言うのでしょうか、測定機械を取り付けるために、
上着だけは「これ着てください」って黒い(反射材のついてない)ランウェアを渡され、更衣室で着替え。

次に、心電図撮るときみたいなクリップ状のセンサを服の上から装着。
これで準備オッケー。トレッドミルに乗ります。
トレッドミルで練習するときは13km/hあたりのスピードで練習するときが多いので、今回も13km/hで。

7,8分程度トレッドミル走りましたかね。測定結果は着替えてる間にすぐ出ます。
結果は3枚のシートに分けて記載されます。

一枚目。得点が表示されますが、良いのかどうか、良くわかりません。
平均点が70点、とのことですので、平均よりは点数高め。

係りの人は「得点が高いから速く走れる、ということではありませんが、
得点が高い人は、ランニング効率の高いフォームであるこということです」とのコト。

1枚目

ざっくり言うと、上半身は標準的なフォーム。
何をもって標準的、というのかわからないが、ニュアンス的には良くも悪くも無いって感じ(笑)。
一方、「下半身は良い」(あくまでフォームが、ということですが)。

係りのお姉さまいわく、「SWING」の高得点の理由は、
「蹴り上げが凄く良く出来ている。
 横からのフォームを動画でみると、蹴り上げ動作の軌跡が凄く大きい範囲にわたっている。
 こんなに大きく蹴り上げができる人はなかなかいない」とのうれしいお言葉。
「ただし蹴り上げ後の足が外側に流れる傾向にあるので、まっすぐになるように気をつけて下さい。

「「RIDE」は、主に着地位置を見ているんですが、ほぼ重心の真下で着地できていて、いいですね」

2枚目。
2枚目

改善ポイント。主に上半身に集中。
「猫背、のようですね。背筋をしっかり伸ばして下さい」
「腕の角度が一定ではありません。腕は常に90度前後に固定することを意識してください」

写真を見ると、確かに猫背。普段の生活から姿勢の悪いのを改善したほうがいいですね。
腕の角度を常に90度にするってのは、「へー」って感じ。初めて聞きました。

2枚目の「その他情報」って言うところ見ると、
フォームとしては左右に偏りの無く、プロネーションもニュートラル。
ストライドも平均よりは広め。その分ピッチは少なめ。
って、思ってたより良い感じじゃん(笑)。

3枚目。ここでマーケティング(笑)
3枚目

着地位置はほぼミッドフットの若干フォアフット寄り。
まぁ、思っていたとおり。

で、ミズノのプロダクトとしては、これも事前予想通りなんですが、
ウェーブエアロを薦められました。

感想としては、
・自分が走っているフォームを見ることが出来る機会はそうは無いので、フォームを意識して練習している人は一度は試したほうが良い。
・客観的に見てもらえることで、自分では気付けなかったことも多く、いろいろアドバイスがもらえた。
・猫背は直そう。
・腕は90度固定で。
・どちらかというとストライド走法なんだ、ふーん。
・3千円ちょっとの価格設定は絶妙。
・終了後にいろいろ売り込み攻撃されるかと思っていたが、全く無い。そんなにタンパクでいいのか、ミズノよ(笑)

ということで、主な課題は「姿勢」と「腕の角度」ですね。

せすじぴーん!

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。