スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォアフット研究は続く。そして夜食にラーメンを食べに行くのさ・・・

今日は夜は茨城南部は雨で、全然やむ気配が無かったので、車で10分ぐらいのところにある、
市営のスポーツセンターに車で行ってですね、トレッドミル40分、1周190mの体育館をグルグル20分。
計60分をたぶんキロ5:30~6:00くらいのペースでジョグっときました。

こういうときはNike+のGPSが使えないんで、記録が取れませんね、仕方ない。
一応月間走行距離はコンサバに見て8キロで加算しときますわ。10キロでもいいけどね、まぁいいや。

で、急遽昨日から絶賛取り組み中のフォアフット走法、
今日のトレミと体育館走でもやってみました。

昨日もそうでしたが、やっぱり着地箇所ばかり気になっちゃって。

そもそも大きな勘違いをしていたのですが、この走法、
一番先に接地するのがフォアフット部であって、
かかともフォアフットに遅れることコンマ0.00x秒で接地するんですよね。これって?

自信ないんですけど。

最初、かかとは全く接地しないものと思って、フォアフット部だけで着地するように走ってみたところ、
「足、ガックガク。進めやしない!」という状態になりまして(笑)
もちろん、フォアフットはいわゆるつま先(トゥ)ではないのは知ってました。
ま、そりゃ、そんなところで着地しても走れるわけ無いから、考えたらわかるわけで(笑)

走っているうちに、最初に接地させるのがフォアフット、その直後にかかとが接地するんだけれども、おそらくふくらはぎの筋肉とアキレス腱の反射作用が働くことにより、かかとが接地直後に反発して浮き上がります。
この力を利用するんだろうと。

あと、接地箇所ばかり気にしてしまいますが、
フォアフット走法の本質は、たぶんですが、「体の重心の真下近くで着地すること」(たぶんです)。
着地箇所がかかとなのか、フォアフット部なのかは副次的な話だと思われます。

信頼性のあるネットで調べた情報に、僕がわずか二日間試してみた感想を加える(余計プレーや。笑)と、
①前傾姿勢をとり、体が前に倒れそうになりそこで自然に足が出ます。
②体の重心の真下近くで着地しようとするのですが、、
③重心の真下で着地する場合、自然とフォアフットが一番先に接地して
④わずかに遅れてかかとが接地する
⑤かかと接地とともに、ふくらはぎおよびアキレス腱の作用が働いて反発力が得られ、
⑥反発力によりかかとが離地する
・・・また①へ・・・
の繰り返し作業なんですねね。

かかと着地のときは、腰高を維持しつつ、ストライドを稼ぐため、膝をできるだけ伸ばして、
体の重心より前で着地していました(と思われます)。
体の重心より前に足が伸びた状態で接地するのだから、当然、かかとが一番先に着地するわけですね。

体の重心より前で着地すると、推進力の観点では残念ながらブレーキになっちゃうんですって。

フォアフット走法は前傾姿勢をとり続けたとき、ある地点で「おっとっと」って前にコケそうになるのを
「足で受け止めて支える」のを繰り返すってことなんでしょうかね。難しいな。

足で受け止めるときに、体の重心の真下近くで着地すると、前への推進力を殺さないそうです。

一番最初に試したときは、そんなことわからないから、
足の運びはかかと着地のイメージのまんま、
重心より前の位置で無理やりフォアフット部で着地を試みました。さらにかかともつけないように注意して(笑)。

大馬鹿です(笑)。それでは走れるわけが無い。
当然、重心より前の位置で全体重と加重を受け止める羽目になってしまった
フォアフット、ふくらはぎに大きな負荷がかかって足がガックガク。
「これ無理!」と思って、そのときはすぐとめましたが、とめてなかったら怪我ですね(笑)。

さらには前傾姿勢の維持ですね。これが実は成否の分かれ目かもしれません。

今日はトレッドミルで走りましたが、館内には鏡があってですね、自分の走る姿を確認しながら走りましたが、前傾姿勢、自分が思ったより出来ていないですね。

走っているから前への推進力を自分で感じてしまう分、
前傾姿勢になっているのでは?という錯覚を得てしまうように思います。
鏡見ながら走ると、自分がどんだけ突っ立って走っているのかがわかります(笑)。

前傾姿勢の維持には、体幹の強化が必要ですね。
今日は特に強く感じました。腹筋と背筋かぁ、大嫌い、でも通らざるを得ない道かなぁ。。。

ま、適当にがんばります。
あと、究極に腹が減っちゃったので、ラーメン食いに行ってきます! いいでしょ、たまには。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私も某有名フォアフット本を読んでから練習しましたね~
意識しすぎて脛前面が張ってしまうという…
昨日のひでちさんのコメントと一緒ですね(笑)
しかも意識したところで1人で走ってると客観的に見えないんで出来てるのかどうかわからないまま結局走りやすいような走り方してしまってますね。だからスピードが出ないのかも;;

AYUMIさん

今日も少しだけフォアフットの練習しましたが、今日は靴がいつもロング走用に使うGT-2000 NewYorkだったせいなのか、あまりしっくりきませんでした。かかとの反発が来ない感じ。クッション性能が高い靴は、反発が吸収されちゃうんでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。