スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶり裸足ラン♪ スゴっ足裏の張りが取れた!

7月はとりあえず200km走れました。
ほとんどがジョグでポイント練習といえるものはごくわずか。
原因は暑いから、というのともうひとつありまして。

6月後半ぐらいから少し長めの距離を走ると、左の足裏が痛くなった。
足底腱膜炎でしたっけ、慢性化しちゃうとよくなるまでかなり期間がかかるって
事を聞いていたので、負荷かけた練習するのがかなり恐くて。

痛みの程度はごく軽度で、足底腱膜炎というほどの重症化してはいないんですけど、
足裏、とくに土踏まずのあたりが四六時中筋肉の張りがあって。

自宅で足裏マッサージを良くやってましたが、なかなか張りが取れない。
思い切って2週間ぐらいランニング休もうかと思いましたが、
それもまたもったいないし。

なんて逡巡してた7月。
痛くならない程度にゆるいポイント練習(そんなのあんのか?)と
緩めのジョグのオンパレードでしたが、走行距離は200キロ行きました。

正確に言うと昨日までで195km。
金曜日は走る予定がないので、今日が実質7月ラスト。
普通に10kmジョグっても良かったのですが、
久しぶりに裸足ランを5kmやってみました。
利根川の河川敷にはランニング・ウォーキングコースのほかに、
野球場やサッカー場などの運動公園があります。
ランニングコースの脇には芝生広場みたいになっていて、
子供達が良くサッカーしたり凧揚げしたりしてるんですが、
今日はいつものランニングコースではなくって
芝生の上を裸足でぐるぐると5km。

狙いは200kmへの距離稼ぎ(笑)と、裸足ランを久しぶりに試すのは良いチャンス!ってことで。

裸足ラン、去年の今頃良く試してました。
芝生の上をキロ6分くらいのペースで5km程度走るのには気持ちいいですよね。
足の裏の筋肉を鍛える、足の裏の皮膚を強くする、感覚を鋭くする、
のような効果は確かにあると思います。

あとはやっぱりフォームですかね。
どうやったら着地がソフトに出来るかってのを
裸足ランやることで半強制的に模索することになりますから(笑)。
痛くならない、負荷のかからない着地の仕方、
足の運び方、前傾姿勢のとり方、の練習にはゼッタイなります。

でも、やっぱ長距離走ったりするためのトレーニングではないと思います。
ってのと、アスファルトの上はやっぱダメだな。負荷が高すぎる。
達人の領域まで至れば、裸足ランでレース出たりするんでしょうか。

まぁいいや。

僕にとっての裸足ランはあくまで気分転換のため、フォームのチェックのため、ってのが第一優先。
あとは、この時期芝生と土が結構水分を含んでいて、
その上を裸足で走るのが結構気持ちいいからっていうのが大きいです。

で裸足ラン終了後。
いつもより脚が軽い感じ。足の裏は芝生との摩擦で熱を帯びるのと同時に、
感覚が凄く鋭くなっている気がする。、
あと、特筆すべきは脚のダメージの少なさ。
足底の張りも自然に解消されてました。
これにはびっくりです。

うそみたいな話です。
これまで少し不安だった足底の張りをまさか裸足ランが解消してくれるとは。
これはガンガン8月走りなさい、ってことか?

8月の練習メニューはとりあえず明日公表します。
出来ない練習ばっかり、なんて笑われるかもしれませんが。
「宣言することでサボれない(笑)」の典型を目指したいです。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。