スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーフペース走を振り返る。

今日は予定通りのランオフ。
昨日のハーフペース走、信じられないことだが足の疲れは全くない。
今日再度ハーフ走行ってみても問題ない気がする。

逆にキてるのは心肺。
心拍数は計っていないが、安静時でも常に呼吸が苦しい感じ。
心臓も筋肉で出来ているからね、昨日の疲れが残ってるのかしら。

というわけで、雨が降っていなければ、裸足でゆるジョグしてもいいかな、
と思っていましたが、トレーニングはオフに。

さて、昨日のハーフペース走の結果です。

ラップタイム。
9/23(水) 21.31km@4'31 1:36:14 (カッコ内は平均心拍数)
(01-05km) 22'07(Avg 4'25): 4'17(139) - 4'32(148) - 4'26(152) - 4'26(151) - 4'26(153)
(06-10km) 22'26(Avg 4'29): 4'28(151) - 4'29(153) - 4'32(154) - 4'31(154) - 4'25(155)
(11-15km) 22'36(Avg 4'31): 4'28(156) - 4'27(156) - 4'34(157) - 4'32(157) - 4'35(157)
(16-20km) 22'58(Avg 4'35): 4'29(157) - 4'45(156) - 4'33(158) - 4'38(159) - 4'33(160)
(21-LAST) 6'07(Avg 4'40): 4'36(160) - 1'31(159)

出だしの飛ばしすぎはいつものことなのでおいておくこととして(笑)、
2kmまではペースが一定しないものの、3kmからは巡航速度で10kmほど快調走。
とはいえ、徐々に心拍数が高まっていき、150台前半だったのが13kmで157bpmに。
ここからペースが一気に落ちてしまう。

iphoneのアプリRunmeterではピッチも計測できるが、
序盤は180歩/分程度だったのが後半は190歩/分へ上昇、
タイムは10秒/キロ遅くなっていることから、
後半は前半に比べてかなりストライドが狭まっている模様。

逆か。

後半疲れてストライドが維持できなくなっているから、
スピードが低下してるんだな、と。
心拍は最後方でもでも160bpmなので、まだ若干余裕はあったはず。

普段の練習の中心を10km走においてる事もあるのか、
12~13kmあたりまでは、
広めのストライドと足首の反発を生かして「跳ぶ走り」が出来ているが、
15km以降になるとストライドの低下をピッチで補う走りになってるみたい。

それでも16kmあたりまではぎりぎり粘れている。
17kmで給水。15秒ほどストップしてる(時計は止めてない)。
公園内の水道水をがぶ飲みして身体にかけて熱を冷ます。

19km。最遅ラップ4'38まで低下。こっからはメンタル。
上半身はまだ疲れていないので腕振りでカバー。

20km。心拍160突入。「早く終わってくれ」の一心。

ラスト。スパートをかけたつもりが逆に遅くなってる(笑)。
何とかゴール。
ギャラリーは当然ゼロだ(笑)。

倒れこむほどつらくはなかったが、呼吸が回復するのに相当の時間を要した。
帰りに公園内の水道で少し給水したが、がぶ飲みはしなかった。

最近、ポイント練習終了後は、家に帰ってから、
牛乳を500mlほど一気に飲みほすのが習慣化している。
水分補給とたんぱく質摂取を同時に出来るから。

以前はスポーツ後に牛乳を飲むのはなんとなく抵抗感があったが、
思ったより飲みやすく、牛乳の甘みが疲労回復に効果ありそうな気がする。

5連休は思ったより走れなかったけど、
ポイント練習的には最後の最後で取り戻せたので、
月末にロング走で締めたい。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。