スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと中途半端感のあるセット練

水曜日のハーフペースランの後、木曜日は万全のランオフ。

金曜日は雨が降っていたので外ランは不可能と判断。
会社から戻った後、市営ジムへ直行。
最近のマイブームであるトレッドミルでの閾値走。

設定値は14.3km/h(4'12/km)ペースで5km。
1キロアップジョグの後スタート。

トレッドミルの利点は何度も書いた気がするが、
まず、足元への負担が小さいこと。
次に、鏡が設置している場合には、ランニングフォームのチェックが可能なこと。

しかし、足元に関しては水曜日のガチハーフ走の疲労が抜けてなかった模様。
いつもはフォア~ミッドフットで着地するようにしているが、
金曜はいつもどおりの着地をすると前ももとふくらはぎに衝撃が走る。
怪我につながりかねないかな、と思い、かかと着地に変更して閾値走20分。

トレッドミル閾値走のねらいは、足の負担を軽くしつつ心肺系に最大限の負荷をかけること、
ではあるんだが、正直、心肺はかなりつらくて、ストップボタンを押す誘惑との葛藤が続く。
そうなると時間が経つのが長く感じる。
トレッドミルのスクリーン上の経過タイムを高頻度でチェック。
1分くらい経ったかなと思って時計チェックすると20秒ぐらいしか経過してなかったりして、
精神的苦行が続く。
20分後、何とかコンプリート。
わずか20分のトレーニングだが、ウェアは上下とも汗でびっしょり。

ここまでは金曜日の練習。

そして今日の土曜日。
雨は降っておらず、いつもの利根川河川敷へ。
スピード強化を図りたいなと思って、10kmペースラン。

設定ペースは4'20/km。
手賀沼ハーフの設定ペースと同じになる予定。

連日のハード・トレになるので、足の疲労度や心拍系のヘタリ度と兼ね合いで、
無理はしない方針。

結果です。

9/23(水) 10.07km@4'56 49:40 (カッコ内は平均心拍数)
(01-05km) 23'55(Avg 4'47): 4'14(140) - 4'20(155) - 5'00(142) - 4'56(142) - 5'05(142)
(06-10km) 22'26(Avg 4'29): 5'07(139) - 5'26(135) - 5'32(133) - 5'04(138) - 4'21(153)

走り出しは、そこそこ快調に走れていたのですが、
なんと、2km過ぎで靴紐がほどけてしまい、
そこでメンタル的に途切れてしまった。

あっけなく4'20ペースの継続はあきらめ、ここからは変化走と言うか、
キロ5→サブ4→キロ5→4'20というように一旦緩めて上げるという感じになりました。
一応、ラスト1kmは何が何でも上げる意識で再度4'20ペースに戻せました。

あえてペースの変化をつける練習方法もあるようですが、
今回僕が行ったのは完全に行き当たりばったりの世界なので、
練習効果がどの程度あるのか、全く不明です(笑)。

0926.jpg


残念ながら日曜日は雨予報なので、また市営ジムでトレッドミルですね。
閾値走をまたやるかどうかはそのとき考えます。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。