スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターバル。 キロ4とキロ415のあいだ。

スピード強化月間。
土曜日は最重要練習のインターバル走。

1kmインターバルで設定はキロ4分。レストは2分。ウォームアップ/ダウンは2kmずつ。
まさに、正直しんどい、ってやつだ。

12/12(土) 10.09km@インターバル(キロ4) 53:53
4'00 - 3'55 - 3'55 - 4'04 - 4'00


心拍計が不調で計測できなかったのは残念。

4キロのところでキロ4オーバーしている。
実は3キロ目までと4キロ、5キロで少し走法を変えてみた。
3キロ目までは「3分台で走るぜぇ」と言わんばかりのスピードフォーム。
腕振り、腿上げ、前傾姿勢、とどれをとってもかなり大きな動きになっている。

よく言えばダイナミック。
悪く言えばバタバタ。

心肺機能が強化されれば、
キロ3分30秒とかでは走れるようになるかもしれないが、
とうぜん、こんなフォームでは数キロしか走れない。

出力はでるけど効率は悪い。駅伝フォームってやつか。

4キロ、5キロは意識してフォームを変えてみた。
キロ4'15~4'30くらいで走るようなフォームに近づけてみた、つもりで走った。

意識上では体幹重視。
前傾姿勢は変わらないが、みぞおちあたりにエンジン、つまり推進力の源があるイメージ。
一歩一歩、骨盤を回して、股関節から体重をかけていく。
着地時は可能な限り膝は曲げない。
足首を固めて反発力に頼る。
腕振りは肩甲骨を引くように動かすイメージだが、大きな振りではなくコンパクトに。

というのを意識すると、上下動の少ない効率性の高い動きになる、気がする。
一歩一歩、ドーンドーンというパワフルな走りではなく。
スーっと平行移動する感じ。

要は、10km走れるような効率的なフォームで
キロ4も走りたい、っていうコト。

今回はフォームを変えたことでパワーが落ちてしまい、
4キロ地点では見事にキロ4分をこぼれたが、
また次回、試してみたいな。

1212.jpg


ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。