Adizero '16 モデルチェンジ

愛用するAdidas Adizero シリーズが来年初モデルチェンジ。

Adizero Takumi Sen Boost2

Adizero Takumi Ren Boost2

Adizero Japan Boost 3

Mana bounce Knit

Mana bounce SPD

デザインは相変わらずどれも秀逸。
Takumiはどうやらアッパー素材に変更がある程度のマイナーチェンジ。

大きな変更はJapan Boostとマナ。
Japan Boostはアウトソールを思いっきり変えてきた。
これまでの「ツブツブ」がなくなった代わりに、ラバーソール(Beatlesじゃないよ)を格子状にしている。
グリップ力やクッショニング性能を高くする方向感なのかな?

画像だけ見る限りはBoost 2のほうがレーシー感が高くて、
サブ3~4.5あたりまで、想定スピードレンジが広い気がするけどね。
なんとなく、今度のモデルは「サブ4ランナー絞り」て感じがしなくもない。

とりあえず、Boost2が在庫しているうちにもう一速買っておこう。

最大のボリュームゾーンである「サブ4狙い」ランナー向けに思いっきりフォーカスを
あわせてきたと思えるのが新Mana。
あれ?「Adizero」の冠が取れてる?

「Boost」の次は「Bounce」推しらしい。新型のEVAだね。
デザインは圧倒的によくなった気がする。
やっぱりアウトソールの形状が先代Mana7から思いっきり変えてきた。

Mana7はAdizero Japan1のアウトソールを踏襲していて、
練習用メインのモデルとはいいつつも、
レースにも十分使える反発力と固めの着地感が楽しくて。
ASICS NewYorkを卒業したばかりの僕にとっては最適なモデルで、
スピード練習、ジョグ、レースとオールマイティに活躍してくれた。

で、新作のMana bounce Knit/SPDはどちらもフラットソールっぽい。
全面ラバー素材で覆われているようで、耐久性は高まってるのかもね。
でも、先代の前足部の「ツブツブ」が好きだったので、
ちょっとこの方向感は残念な気がするけど。

まぁAdizero Japan1が復刻しているので、そちらをどうぞって感じなのかな。

ということで、Mana7の在庫があるうちに、一足買い増ししときました。
上野のジュエンで。型落ち(15SS)ですがセールで4千円チョット。安い!
Manaの最大の魅力ですね(笑)

1225.jpg


ということで、引き続き、シューズラインナップとしては、

インターバル、5kmTT用・・・Adizero Feather RK2
ペース走、ロング走・・・Adizero Mana7
レース(ハーフ、フル)・・・Adizero Japan Boost 2

という三頭政治体制を2016年もとり続けると思います。
もう少し走力、脚力がついてきたらTakumi RenまたはAsics Tartherにトライしたいと思います。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いい情報ありがとうございます。
アディゼロシリーズには私もお世話になっていて
雲さんの情報から早速
ジャパンブースト2をネットで購入しました。
(このシューズ色違い3足目になります)

なーくんさんへ

Japan Boost、名作ですよね。
レース、スピード走でもロング走とオールマイティに使えて
すばらしいんですが、
レースやポイント練習とかの負荷かけた後の脚の疲れの少なさが
嬉しいんですよね。

boost3になって、ソール以外にはどういう変化があるのか、
重さはどうなんだ、とか興味は尽きませんが、
とりあえず、boost2の買い置きをしておきます(笑)