スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レースレポ】守谷ハーフマラソン 前半

守谷ハーフマラソン 前半レポ

2016年2月7日(日)
取手駅7:37発、守谷駅7:55着。

補給食はMEDALISTのアップル、ハニーを2本。
守谷駅から会場まではバス。台数も多く、ノーストレス。

受付もスムーズ。メイン会場の守谷市役所は屋内を開放。
ロジスティックス的にはほぼ完璧なこの大会。
コレだけでまた来年もエントリーすると思う。

さて、レース。
Cブロックスタート。整列前にアップ代わりに50mダッシュを何本か。
非常に暖かったこの日。10時時点の気温はおそらく7度前後。
恐れていた風もなく絶好のコンディション。

前半の飛ばしすぎに注意。
作戦は、前日ブログに記したとおり。

15kmまで以下に一定のペースでいけるかどうかが勝負の分かれ目と見た。
①4'12または4'13のラップをいっぱい出せれば勝ち。
②4'17超えるラップが出てくるようだと負け。
③4'09以内のラップが出ちゃったら死亡フラグ。



いざスタート。スタートロスは17秒。

2/7(日) 21.2km@4'17  1:31:04(ネット) 1:31:21(グロス)
上記は公式タイムですが、以下は手元のRunmeterのラップ。
カッコ内は平均心拍数。

[01-05km]
4'09(150) - 4'08(163) - 4'06(166) - 4'12(166) - 4'12(165)


・・・・・・最初の3キロで早くも死亡フラグ3本立ち。携帯か。
最初の1kmなんて混雑するから4'20/kmあたりでいーだろ、と思っていたが。
いざスタートするとペースの合わない前の人を抜きたくなっちゃって。
抜いたり進路変更するために細かくペース上げ下げ。
ただ、初戦ハーフなんで、最初でごちゃごちゃしても大勢に影響はなかったですね。

それより2,3キロ目のラップは早過ぎる。こっちのほうが問題で。
この日は結局かなり高めの心拍数に早めに到達しちゃって、
始終、折れそうになる心肺系との格闘でした。
ハーフってしんどいですね。


序盤は超フラット。
最初飛ばしすぎて「やっちゃった感」はありましたが、
4km,5kmで巡航速度に無事入れた(いや、心拍が高すぎるんだけどね。後から思えば)。

90分切りに向けていい感じのムードが。

[06-10km]
4'08(163) - 4'17(164) - 4'17(166) - 4'12(165) - 4'06(163)


7km,8kmが前半ででてくる最初のアップダウン箇所だったと思います。
ラップタイムより心拍数の上がり下がりを意識して走っていました。
沿道の応援が守谷駅の近くに来たので多くなります。
10kmから、守谷トンネル(1回目)。国道294号線をアンダーパスします。

いやぁ、この辺楽しかったですね。
守谷&取手市民はこのトンネルを車でしか通ったことないんですよ。
もちろん歩行者は進入禁止で。そこを堂々と走れてしまうんですから。
マラソン冥利に尽きますね。

なぁんて感想は走った後に去来する話であって(笑)。
走っている間は、トンネルに入っていく下り坂を通りながら、
「どうせ、この下り区間と同じだけ上り区間が待ってるってことだからな」
「トンネルの中ってGPS入んないよな、こっからは距離が狂っちゃうからGPS使えないのか?」

 ※iPhoneのrunmeter、確かにトンネル区間はGPSが使えないんで正しく計測されないんですけど、
  トンネルを抜けるとGPSを補足しなおして、さらにGPSを掴めなかった区間の
  距離補正を自動的にしてくれる模様。トンネルの後もきちんとほぼ距離計測は正しかったと思います。
  テクノロジーって凄いですね。

ハーフマラソンって手賀沼エコマラソンしか走ったことなくて、
あのコースは中盤に2回アップダウンがある以外は超フラット。
対して守谷ハーフマラソンは10kmの守谷トンネル(行き)を皮切りに、
ここからが細か~いアップダウンが始終展開する塩コースなのでした。

なお、10kmの通過が41:48。これって何気に10km自己ベスト!

フラットとはいえ、チョット飛ばしすぎましたね。

後半に続きます。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

まさに、携帯電波3本立ちスタートでしたね〜(>_<)

私も恐れてるのはこれです。

いかに、息を乱さないかが、課題でして、雲さんとの
皇居練でも、後半にありましたので、千葉マリンでは
気をつけてました。

それでも、粘れるのですから、雲さんの凄いところ。
次は、3本立ちラップが当たり前になるのでは?

ひでちさんへ

コメントありがとうございます!

いきなり設定ペース無視の暴走スタートでしたが
後半アップダウンが続いてビルドアップが難しいコース
なので、序盤で貯金作っとく必要があったので、
今から考えると結果オーライかもしれません。

初コースは難しいですね〜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。