スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守谷ハーフ反省会

惜しくも90分切りはならずでしたが、自己ベストを約1分短縮できた守谷ハーフ。

昨年のタイムと今年のタイムを比べてみるとなんかいいことがあるかもしれないので比較。

2016守谷ハーフマラソン 1:31:16 平均心拍数:162bpm
(01-05) 20'47 4'09(150) - 4'08(163) - 4'06(166) - 4'12(166) - 4'12(165)


2017守谷ハーフマラソン 1:30:09 平均心拍数:164bpm
(01-05) 20'44 4'11(140) - 4'05(163) - 4'05(166) - 4'15(164) - 4'08(165)


出だしの5kmはほとんど昨年と変わらない。2~3キロでペースが上がり、4kmあたりで一旦落ち着く展開も一緒。

(06-10) 21'00 4'08(163) - 4'17(164) - 4'17(166) - 4'12(165) - 4'06(163)
(06-10) 21'00 4'09(164) - 4'14(166) - 4'14(166) - 4'11(166) - 4'12(165)

6-10kmのタイムは前年と一緒。細かいラップでは違いがあるのと、変動の少なさは今年のほうが。
まぁほとんど同じような展開。

(11-15) 21'27 4'12(161) - 4'23(162) - 4'13(162) - 4'29(161) - 4'10(162)
(11-15) 21'21 4'16(163) - 4'19(165) - 4'09(166) - 4'26(164) - 4'11(164)

ここまでも5kmラップは大幅には変わらない。12キロ地点と14キロ地点はアップダウン(高架橋の影響)。
去年のほうがラップタイムのばらつきが少しだけ大きいけど、トータルタイムもほとんど一緒。
今年は12キロ地点で早めのエナジージェル補給。

(16-) 28'07 4'19(161) - 4'22(162) - 4'29(160) - 4'13(161) - 4'22(160) - 4'37(159) - 1'39(159)
(16-) 26'58 4'13(164) - 4'18(166) - 4'19(166) - 4'12(165) - 4'20(166) - 4'33(156) - 1'03(169)

結局最後の6キロで約1分の差がついている。
昨年に比べて今年のほうがスタミナがついてきている、ということで単純に理解していいのかどうかわかんない。
コース慣れ、という要素も大きいと思うし、今年は天候が去年よりさらに良かった。
あと、今年のレースシューズとして導入したターサージール効果もあるだろう。

特に前半15キロの間のラップタイムに昨年と今年でほとんど違いがないので、
自己ベスト達成への差が出来たのはラスト6k。
ラストで差がつくというのは単純には地力が昨年より上がった、という風に解してよかろう。
ただし、前半のタイムにほとんど差がないのは逆に、スピード能力は昨年並み、ということ。
これは、ようやく昨年のレベルにスピードが戻ってきた、という風に解釈することにする。

基本的には前半勝負型のレーススタイルなんだろうな。
ということもあわせて思った。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。