スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラングッズ】ダイソーの靴べら(100円)

めずらしくラン用グッズのご紹介。

ランニングシューズについては
結構タイト目に履くのが好きなので、
わりと締め上げた後にダブルアイレットでしっかり結んでいる。

その割に結構ものぐさなので、ランニングに出かけるとき、
ランシューの靴ひもをあまり緩めないまま、
ちょっときついのを我慢して強引に履いたり脱いだりする。
あ、さすがに脱ぎ履きするとき紐はほどきますよ。
「ゆるゆる」になるまでには紐をほどかない、っていうことです。

ランシューのかかとはシューズの命の部分なので、
ヒールカップにダメージを与えないように、
タイトな状態のシューズに脚入れするのは若干苦労する。
また、僕のように足の甲が高い場合はなおさら。

まぁ、おっくうがらずに前もってシューレース緩めなさいよ、って感じなのだが、
きつい靴に強引に脚入れするとシューズを痛めてしまうので避けたいが、
毎度毎度「ゆるゆる」状態にするのも面倒だ。

ということで、「靴べら」の出番。

ランニング用に特化した「靴べら」は特に市場に存在しなさそうだが、

○固けりゃ固いほど良い。
 →「だから靴ひも緩めなよ」って感じだが、タイトな靴に脚入れするための必須条件。
  素材は木製がベスト。やわらかいプラ製は論外。
  金属製は力を入れすぎた時に「ぐにゃっ」ってなる(そして元には戻らない)。

○携帯性
 →皇居ランやジムなど自宅外でスタートするときに重宝。
  なんたってレースに持っていきたいじゃないですか。
  ランステにはたいてい靴べらが用意されているけど、レース会場では無いよね。
  シューズバッグに難なくおさまるぐらいのサイズがベスト。
  リュックやバックの口から靴べらがニョキッとはみ出すのはみっともない、
  小学校のリコーダーじゃないんだから(笑)。

○適度な長さ
 →旅行用とかの超短い靴べらだと履くのに苦労する。
  てこの原理を使って、あまり力を入れなくても脚入れできるためにそれなりの長さが必要。
  かといって自宅用では長すぎる。


家にあったプラスチック製の靴べらや、旅行用の金属靴べらも試したが、
上記の観点でイマイチ。

そもそも、ランニングシューズのようなひも付きの靴を
靴べら使ってぐうたらな履き方するのは想定されてないのか(笑)。

何種類か試してみて、快適に使っているのが、
「ダイソー」で入手した100円の木製靴べら。

201703132.jpg


長さ、硬さがカンペキ。
ググってみると「ブナの木」でできてるみたい。超固い。
どんだけ強引に力づくで脚入れしても、靴べらが曲がったり折れたりする可能性はほぼ無い。
シューズバッグにもちょうどおさまるサイズなので、レースの時も持って行ける。
厚みもちょうどいいかな。
これ以上薄いと折れてしまったり、カップやインソールを痛めてしまいそうだ。

というわけで、ものぐさランナー向けの靴べら。ダイソーで100円です。


ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。