マイシューズシリーズ その2 Adizero Japan Boost2

マイシューズシリーズ 第二弾はAdizero Japan Boost2。
累計2足目。
昨年Boost3にモデルチェンジしてソールパターンが大きく変わった。
Boost2の「つぶつぶソール」がなくなってラバーパターンにチェンジ。
レーシー感はBoost2の方があると思うがソールの耐久性はBoost3の方が高そうだ。
とはいえ、Boost2の在庫がもう一足あるため、Boost3は未購入である。

20170323_1.jpg


27.5cmで220g。重さはMana7とほぼ一緒。
これが出た2015年当時のAdidasサブ3.5~4モデルは、
Japan Boost2、CS Boost、Mana7の3兄弟がいる充実のラインナップだった。

Manaはbounce化されて別路線の道を歩み、CSはEVAに戻ったため、
現行Japan Boost3は、レーシングシューズとしては、
サブ4狙いのランナー、サブ3.5狙いで"Takumi ren"のオーラに怯んでしまうランナー(笑)
の両方を取り込むモデルになった。

Adidasのシューズチャートを見るとサブ4~5用のモデルがごそっと抜け落ちてるため、
サブ5狙いランナーもレースで履いているかもしれないし、
"Boost感にハマった"サブ3ランナーだって履いているかもしれない。

相当に許容範囲の広いモデルであることは間違いなく、"ライバルモデル"は挙げづらい。
アシックスだとDSトレーナーからターサージールまでカバーってこと?(笑)

たぶん現行Boost3でも大きく変わっていないと思うが、
靴ひも結んでる時点で、Mana7より高級感あるアッパーの作りに満足感が高まる。
脚入れしたときのフィット感、包まれ感はMana7のフィーリングを大きく上回る。
そして、"雲の上を走る"Boost感には好き嫌い分かれると思うが、僕は好き。

たとえるなら"スポーティサルーン"。値段もちょっと高いし(笑)。

僕の使い分けだが、
2015つくば、2016守谷ハーフ、2016かすみがうらはJapan Boost2で走った。
一方、2016手賀沼はMana7、2017守谷はターサージールで走ったし、
2017かすみがうらも同じくターサーの予定なので、
今後は勝負レースでは履かないかもしれない(かすみで撃沈したらわかんないけど)。

なので今はもっぱらトレーニング用。
15km以下の短めの距離はMana7。15km以上でJapan Boost2っていう感じ。
先月から3回やった30キロ走では全部これ。

やっぱり作りの良さからくるフィット感の高さと
リッチなクッション性能は長めの距離を走る時にモノを言う。
Boostフォームの衝撃吸収性については抜群の信頼感なんだけど、
後半疲れてきて、重心の前に着地する傾向が強いと、
脚へのダメージが大きいかもしれない。
こないだ30km走やった時に25kmで着地筋が終わったからね。

個人差ある話だし、もしかしたら、だけど。

一方でスピードトレーニングをやる際にはManaを選ぶかな。
もちろんキロ4以下で走れない、なんてことはないので、完全に好みの問題。

20170323_2.jpg


300km走行後。つぶつぶソールは取れかかっているのと、
ラバー部分も摩耗している。

20170323_3.jpg


一方でBoostフォームに劣化は見られず、
反発力や屈曲性も購入時とあまり変わらない。
Boostフォームの一番のポイントはもしかしたらその耐久性かもしれない。

ジョグ用のSaucony Triumph ISOがもうじき寿命なので、
ジャパブーもかすみが終わったらジョグ用に下ろすかもしれないね。
ジョグ用とするとちょっとぜいたくすぎますかね。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント