スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての朝レン。もしくはグッドモーニング・インターバル

ロビン・ウィリアムスが亡くなった。
もっとも印象残っている映画は「レナードの朝」。
デニーロとのダブル主演。

確か中学生のときに見た映画だが、クオリティの高さ、特に演技力に感動。
洋画と邦画には絶対に超えられない壁がそびえ立っている、と感じてしまった。
クソ生意気である。

で、土曜日は始めての早朝ランに挑戦。
夜に予定が入っていたのでさくっと朝のうちに練習しておこうと思った。

通勤ランはやったことあるけど、朝練は初めて。部活みたいだ。

5時半に目覚ましセットして、眠い目をこすりながら利根川河川敷へ。
結構涼しい。

犬の散歩している人。ウォーキングしている人。ランナー。自転車乗り。
6時前であるがそこそこの人数。

今日のメニューはインターバル。1km×5本。
最後にインターバルやったのが5月中旬だからかなりご無沙汰である。
なお、そのときの設定ペースは4'30で、3本は4'30以内で走れたが、2本はアウト。

今日の設定ペースは4'15。あ、これってサブスリーペースなんだ。ふーん。
サブスリーって改めて偉大だと思うぞ。

アップジョグ1キロ、インターバル1km×5、つなぎジョグ400m×4、ダウンジョグ1.4kmの合計9km。

Total: 5.0km(インターバル部分のみ。設定ペース4'15)
4'02 - 4'00 - 4'14 - 4'17 - 4'20

前回5月同様、設定ペースクリアは3本目まで。
5本目は5秒もオーバーなのでこれはイタダケナイ。
前半2本が明らかにハイペース過ぎているが、これもいつもの仕様かな(笑)。

ま、でも久々にかなり追い込みましたので、これでよし。

あと、インターバル用の機能があるんで、アプリはRuntastic(有料のやつ)を使いました。
インターバル区間とつなぎ区間の長さをあらかじめ設定しておけば、
設定距離に到達すると音声で教えてくれるという便利君♪

一点だけ致命傷。
ランニングの結果(トータルタイム、スプリットタイム、ラップ、高度差)が
アプリ内およびRuntasticサイトで確認できるのですが、

残念ながら一キロごとのスプリットのみ。
おい~。

インターバル区間で1km、つなぎジョグ区間400m。
せっかく事前設定しているんだから、それぞれ分けてタイム表示してほしかった。
最初の1km以外はインターバル区間とつなぎジョグ区間のタイムが混在しとるやんけ。
インターバル区間のタイムがわかんない。

これは致命傷だ。
ま、念のためnike+も併用したからタイムはわかったからいいけど。

もうひとつ。これは致命傷ではないが、不思議な事象。

あと、インターバル機能におけるペースが設定できる。
速いインターバル用、遅いインターバル用、つなぎジョグ用、って3段階。
レンジ(from to)で設定可能。

「お、かっこいい。
 設定ペース下回ったら音声指示で気合注入してくれるの?」

と、どきどきしていたんですが、音声指示どころか何もなし。
結果表示画面とかにも表示されない。

Runtasticのインターバル機能の設定ペースってなんなんですかね。
よくわかりません。
自分がたどり着けないだけで、うまい利用方法があるのかも。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。