スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拇指球で 着地がしたくて たまらない。そしてシューズ選びは難航。

昨日24キロ走ったので、今日はランオフ。
ウォーキングも疲労抜きジョグもしません。完全オフ。

あ、そういや最近ウォーキングの距離が減ってるなぁ。
涼しい季節になったので、また通勤/帰宅ウォーキングしようかなぁ。
ウォーキング中に英語の勉強も出来るから、一石二鳥ですからね。

さて、昨日の24キロラン。平均5'22くらいで走ったんですが、裏課題があって。
それは「いける距離まで出来るだけフォアフット~ミッドフット着地で。かかと着地は奥の手。」作戦。

だいたい19.5km地点くらいまではフォアフット~ミッドフット着地でランニングできたと思います。
ふくらはぎが疲れ果てたので、のこりの4.5kmはかかと着地でランニングしました。

フォアフット~ミッドフット着地とかかと着地は、使う筋肉が大分違うんですよね。
フォアフット~ミッドフット着地はおもにふくらはぎ、ハムストの筋肉。脚の裏側の筋肉ですね。
かかと着地の場合は、大腿四頭筋、すねの筋肉。脚の前側の筋肉ですね。
たぶん、着地箇所による差異によってよく使う筋肉が異なる、って言うわけではなくて、
着地位置と重心の位置関係による差異かな。

フォアフット~ミッドフット着地であれば、重心の真下で着地する形になるので、
脚が自然に重心に対して後ろ方向に跳ね上げることになるので足の後ろの筋肉を良く使う。

かかと着地の場合は、重心より前で着地するため、
重心より前にある脚を重心の真下から後ろにスイングする感じに。
また、着地時に出来るだけストライドを稼ごうとするので、脚を前にスイングするのかな。
大腿四頭筋への負担が大きい感じがします。

どっちがどう、という比較もあると思いますが、スピードに乗りやすいのはフォアフット~ミッドフット着地。
前傾姿勢も自然にとりやすく、後ろ方向への腕振りと胸を張るのに気をつけておけば、フォームの崩れはない。

ハーフマラソンの距離であれば、スタートからゴールまでフォアフット~ミッドフット着地走法で走りきりたい。

でも、フルとなるとそうは行かないと思うので、
スピードの出やすいフォアフット~ミッドフット着地で前半いけるところまで行って、
後半はかかと着地で二枚腰で粘りきる、こんな作戦を考えているのですが、いかがですかね。

話は変わりますが、シューズ選びについて。

現在のGT-2000 NY2とAdipureの2足体制に加えて、
スピード練習とハーフマラソンのレース用に、中級者向けのシューズがほしくなってきまして、
Adidas Adizero Japan と Asics Lyteracer のどっちかかなぁと思っていたのですが、
ここにきてAdidas Adizero Mana7も候補に。
今日も上野のスポーツショップで現物を見てたんですが、
Mana7は靴裏にぶつぶつっぽいのがついててグリップが利きそう。
ソールも固いので反発を得やすく、いかにもスピード出しやすそうな雰囲気ですね!

価格も安い。6,000~7,000円程度で買えそうです。

ためし履きはしていないのですが、今度脚にフィットするか、確認してみたいと思います。
出来ればぴったりフィット感がくるのがいいので、
脚の実測長とほぼ変わらないかプラス0.3ミリ程度の長さになる26.5cmのサイズで
これに横幅と高さが収まってくれれば、って思っているんですが、幅広で甲高なんで、どうでしょうね~

GT 2000買ったときはうまく幅と高さが収まってくれたんですが。
海外メーカーなので、合ってくれるかどうか不安ですが、ためし履きしてみて感触を確かめたいと思います。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして、ハナぽんといいます。
最近、雲さんのブログに流れついて、以来ちょくちょく拝見しております。
私はMana7-wideを愛用してます。
シューズは個人差がありますから一概に言えませんけども、いいシューズだと思います。このシューズを履いて、フォア〜ミッドでの着地の感覚を自分なりにつかむことができました。履いたら硬い感じを受けると思いますが、地面からの反発を推進力として利用する感覚がわかりました。これまでに600km以上走りましたが、殆どすり減らず、丈夫です。
実は、現品処分の叩き売り状態で3900円で売っていて、安さに惹かれて買ってしまいました。買った当初は幅広甲高の足にフィットせず、踵のホールド感が浅くて、脱げそうな感じだったので、買ったのを後悔したのですが、暫く我慢して履いていたら、今ではスッカリ足に馴染んでしまいました。
Adizero Japanは試し履きをした感じでは、Mana7よりはゆったり、踵のホールドもいい印象でした。Mana7は耐久性があるので練習用として使うのも良いのではないでしょうか。

ハナぽんさんへ

はじめまして!
コメントいただきありがとうございます!
ブログも見させていただきました。ストライド大きいですよね!うらやましいです。
またMana7の詳細レポありがとうございます。まさに「地面からの反発を推進力として利用する感覚」これを実感してみたいんですよ!今持っているシューズは衝撃吸収タイプとベアフットなんで反発得られないんですよね。
あと、Mana7、安くてしかも耐久性も十分なんですね。これも凄く重要です。10徳ナイフみたいなシューズですね(笑)
今後ともよろしくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。