手賀沼エコマラソン レポその2

さて、スタートしました。
スタートロスは5分11秒。
ゆる~く歩きから始まって徐々にジョグに移行したので、いい感じの準備運動かも。

こっからのタイムは手元のiPhoneアプリのNike+アプリのものを。

○最高のコンディションで、出だしは最高。
1-5km (22:55  Avg: 4'35)  
4'49 - 4'24 - 4'29 - 4'31 - 4'43

出だし。係りの人がマイクで「スタート直後はあまり抜かさないでね」と釘を刺されてました。
危ないからね。そんなことはわかってますが、「お、遅い~」
混雑に加え、キロ6分ぐらいのペースのランナーさんが多い。
あまり派手に斜行すると迷惑になるので、タイミングを見計らいながら、
ジグザグというほどでもありませんが、スペースを縫ってパスしていきます。

最初の1キロ4'49。6分越えを覚悟していたので、正直このペースで走れてラッキー。
ただ、10月は調整不足のままスタートしていて足にも不安があるので、
「ちょっと速いかな」との思いが一瞬よぎりましたが、
逆に、「脚も心肺も調子よさそう、いけるところまでイケ!」の思いが勝りました。

レースプランは「キロ5分で行ける所まで」でしたが、
「気持ちいいペースで、閾値の4:40ペースで行ける所までイケ」にモード変更。

前傾姿勢を強め、ギアチェンジで2kmは4'24(本日最速)。
めちゃくちゃ抜きましたね。いやぁ、気持ちよかった。
6kmあたりまでは追い抜き一辺倒でしたね。約1時間後、状況が逆転するのですが(笑)。

3kmぐらいで少しペースを落ち着かせ、巡航速度に入ります。
沿道の応援も多い。我孫子市のあたりは車でも良く来ますからね。
僕には慣れた所を走れるのも手賀沼エコマラソンはいいですね。

○人生初給水。安定の極み走。もしくは、行きはよいよい、帰りは・・・の予感。
6-10km (22:59  Avg: 4'35)  
4'38 - 4'32 - 4'33 - 4'34 - 4'39

5キロ過ぎに、手賀沼大橋を渡ります。序盤のハイライトです。
大きな橋なんで勾配がありますが、それほどでもありません。
橋の下を見ると手賀沼でボートを漕いでる人からもランナーへの応援が。
ありがたいことです。手を振っておきましたよ。
(まだこのころは余裕十分でした)

橋を渡ると手賀沼湖畔のサイクリングロードへ。
最初の給水です。
人生初の給水。
当然うまく飲めません(笑)。

走りながら3口程度飲んで終了。むせそうになりました。ごほごほ。

6キロ超えると大分ばらけて来たのと、ようやく、ペースが同じ位の走力の集団で走れる感じ。
あまり追い抜いたり、前から落ちてきたり、というのもありません。
ラップにも現れているとおり、安定しています。

特段大きなトラブルも無く、とにかくリズム重視。
肩甲骨を後ろに引くのと、骨盤を旋回させて、体全体を使って走ることを心がけてました。

ただ、このころから、落とし穴がせっせと掘られていたのです。
マラソン大会初参戦の僕はそんな落とし穴に気づくわけも無く。
もちろん、ベテランランナーであれば対策済みですけどね。

そう、8キロを過ぎたあたりから、どんよりとした曇が姿をくらまし、急に晴れてきました。
10月、シーズン初頭のマラソンは暑さとの戦いかもしれません。
そんなジョーシキ?僕にはありません。
「ちょっと暑いかなぁ」

スタート時点では雨は降らないかも知れないけれど、思いっきり曇り。
暑さへの懸念はなく、風もほぼ無風状態の理想的なコンディションでした。

それが、急に日差しが出てきたことで、変わりつつあったのです。
ま、この時点ではまだ、気付く由もありません。

さて、続きます(笑)

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント