スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手賀沼エコマラソン レポその3

またレポか、しつこい、と思われるかもしれませんが、お付き合いくださいな。

どうせ1週間、筋肉疲労と残業で走れないんですから。

さて、レース後半です。

○あの給水が勝敗を分けた。
11-15km (23:38  Avg: 4'43)  
4'38 - 4'35 - 4'53 - 4'44 - 4'55

レース2回目のハイライトは12キロ過ぎにあるアップダウン。
緩やかなアップがあって、その後ダウンそして勾配のきつい上りが続きます。
距離は大した事無いですが、見た目に威圧感のあるアップダウン。
その近辺に3回目の給水があります。

実はその手前、9キロから11キロあたりで、コースは手賀沼の東側をゆるく大きくカーブし、
スタート地点の方向にチェンジします。

日差しはギッラギラでしたね。良く注意しておけばよかった。
あと、方向転換により、前方にあった太陽が後方から照りつける形になりました。
後頭部がもろ太陽の日差しの餌食に。
ここです。10キロあたりから15キロくらいのわずか30分程度の時間。
ずっと直射日光に後頭部が照射されてました。

これが命取り。

ただ、この時点ではまだ調子いいんです。アドレナリン効果かな。
あと、給水も大分慣れてきて、水とスポドリをうまく飲めるようになって来ました。
この12キロあたりの3回目の給水で、もし、スポンジの水を頭からかぶっておけば。
もし、タオルハンカチを持っていたとして、給水の水を頭や顔、太ももにかけながら走っておけば。
この後の悲惨な末路には出くわすことは無かったかもしれません。

とはいえ、15キロくらいまでは、結構いい感じです。

と言うより、15キロ自己ベスト更新。
Nike+では69分37秒と出ました。

まだ、ハーフ100分切りの達成を信じて疑いません。
というより、頭の中では残り6キロと少しを30分で押せれば100分切り。
現実的にはアクシデントが無ければ、余裕で達成な訳です。
キロ5分を大きく割り込むことが無ければ。
にんまりしながら過ぎた15キロ地点。

次回がレポートラストです。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。