手賀沼エコマラソン レポその4

まぁ、そういうわけでですね。
初のハーフマラソンで、15キロまで自己ベストなわけですよ。
練習でも出したこと無いようなタイムで走れてる。

10月は37キロしか走れてなくて、調整不足は否めない。脚にも不安あり。
でもこんな状態で本番で15キロまで自己ベスト達成。

シナリオとしては出来すぎかな、ふふん♪

みたいな感じで、早くゴール来ないかな♪と思いながら、15キロ過ぎの給水。
ここで、スポンジを後頭部にぶちかましておけば、あそこまでの失速は無かったかな。

○人生楽ありゃ苦もあるさ。ばったり死んだよ。でも充実感は最高。
16km-finish (42:39  Avg: 6'59)  
5'11 - 5'32 - 7'31 - 8'34 - 7'47- 6'48

異変は17キロ手前。

キロ5分で押せればなんとか100分切り達成、と思いながらも、
だんだん余裕が無くなる心肺系に気を払いつつ、でも恐かったのは脚。
しかしそこはラストまで持ってくれそうな気配で、
残り5キロをうまくまとめられれば・・・

と、レースマネジメントを考えていたところで、
突然、頭がぼおぉぉぉぉっとなりました。
今までなったことが無いような感覚。何だこれ。

急にスピードダウンです。まっすぐ走れない。
呼吸は大丈夫。脚も痛くない。
とにかく、脚が前に進まないのと、意識がぼおっとした感覚。

最初は調整不足にもかかわらず閾値で飛ばしたバチが当たったのかな、
と考え、100分きりはあきらめて、回復するまでペースダウンすればしのげるだろうと思いました。

ダメ。
これは走れない。
熱中症か?

17キロ地点。たまらず歩きます。
ああ、これは熱中症だ。軽度のね。
他にも何人か倒れてる人、ふらふらと歩いてる人を見ました。

終わった。
僕の手賀沼エコマラソン。

とりあえず、歩いては少しジョグで走り続けられそうか様子を見ます。
ダメ。心肺系も足にも問題なし。
でも、問題は脳です。脳が「これ以上走ってはいけない」と指令を出している感じ。
体全体がもう走るのを拒否。
まぁ、そんなコト言わないでよ。大会なんだからさ。

ここで、歩くのを止めて、水かぶりして回復に努めれば良かったかもしれません。

でも、そんなスペースも給水施設も無いから、歩きますわね。
18キロの給水でようやく水かぶり。遅すぎた。回復しない。
18キロ~19キロ。ほとんど歩き倒しました。
走れるかな、とおもってジョグを試みますが、全然ダメ。

19キロあたりで自販機がありましたので、レース中ですがスポドリ買いましたよ。
そんなことしてるの僕だけ。ホントこの区間は壮絶でした。

もうね、リタイアしようと思いましたが、ゴールまで行くことに何らかの意味があるような気がして。
歩き、走り、歩き、走りの連続。
ハーフのレースとは思えない。

序盤で死ぬほどランナーを追い抜きましたが、
今度は死ぬほど抜かれて行きます。
救護施設の人にも「リタイアする?」って声をかけられましたが、意地の拒否。
何なんでしょう、この意地は(笑)。

とにかく、20キロまで行けばゴールできる、と信じて、20キロ地点まで。
ようやく少し回復できて、ゆっくりジョグなら出来るように。

もう、記録とかどうでもいいです。ゴールまでいければ。

だんだんゴール地点が近づき、沿道の応援の人が増えてきました。
応援の人すべてが僕のことを応援しているような錯覚?
いや、「僕のことを応援しているんだ」と自分に言い聞かせて、自己暗示の力でゴールまで進みます。

21キロ地点。死ぬのかと思いましたが、ゴールできそうです。
ようやく解放。

10キロ地点のころは「ああ、(早くも)もう半分来ちゃったのかよ」などと心のなかでつぶやいてましたが。
人生甘くないですね。

ようやくゴール。
ゴール手前からはジョグで、両手を挙げて笑顔でゴールできたかな。

ゴール後、スポドリ一気飲み。脱水症状ですね、軽い熱中症。
レースマネジメントが出来てません。経験不足から来るミス、でしょうね。

でも全く後悔してませんよ!
レース自体はぶざまで、初レースなのに撃沈のトラウマをしっかり埋め込んでくれましたが。
でも調整不足、練習不足の中、100分切りの目標に向かって、
出来る限りのことはしました。

「あの時にこうしておけば」というポイントはいくつかありました。

もしかして、最初からキロ5分を貫徹して、冷静なレース運びをすれば105分切りは出来ていたでしょう。

でも、当初の目標であった100分切りを撃沈覚悟で突っ込んで行って、
4分の3地点までは夢見させてもらえました。
走力は確実に上がってるよね。
後は経験と練習の持続だよね。

という、突っ込んでいったからこそ味わえる、前向きな反省点を見出せました。
安全志向のレース運びだったら、満足感は得られても、次につながるような課題は見つかったかな?

撃沈しました。文字通り地獄の一歩手前を見ました。
人生最初のレースとしては過酷な展開だったかもしれません。
これがフルマラソンだったら確実にリタイアしてますが(笑)

でも、やっぱり走るのって楽しい。
こんなにダメなレースっぷりだったのに、気持ち良かったです。
楽しかったです。

次のレースの予定はまだありませんが、きっとリベンジしまーす。
その前に、ハーフ100分切りの目標未達のままではあまりにも悔しいので、
11月中に練習でトライして達成してやるからね!

と言うわけで、疲れましたが、凄く満足した21.1キロでした。

ランキングに参加してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初レースお疲れ様でした。
突然、ガクッときたんですね。読みながら自分もびっくりしました。
でも、足がベストの状態じゃないのに、この走りですから、次回100分切りは間違いないですね。

ハナぽんさんへ

そうなんですよ、いきなり止まりました。
足も痛くないのに体が動かないので、何が起こったかわからず、パニックになりそうでしたよ(笑)。

でも、ケガではないのが救いですし、ちょっと仕事も落ち着いてきたので、また次の目標目指してがんばれそうです。